元彼に復縁したいと思わせることができるアピール方法とは?

復縁したいと思わせる方法とは?
別れてしまった元彼に未練があると、復縁したいという気持ちをついついお相手にぶつけてしまいますよね。しかし、復縁はお互いの気持ちが一致しない限り実現しません。
再び恋人関係に戻るためには、元彼に「復縁したい!」と思わせることが大切なのです。
 
そこで、復縁したいと思わせるためのポイントや効果的な行動をご紹介します。

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

復縁の可能性を高めるための基本心得4つ!

元彼に復縁したいと思わせて成功率を高めるためには、押さえておくべき基本の心得があります。
これら4つのポイントを理解し実践することで、相手の心をより効果的に揺さぶり、もう一度振り向いてもらうチャンスができるでしょう。

1.別れることになった原因を考えてみる

まず始めに、破局の原因を振り返りましょう。何がきっかけで別れることになってしまったのか、冷静に考えることが大切です。
そして思い当たる原因が見つかったら、それを改善する努力をしてください。特に別れた原因が自分にある場合は、これまでの行いを反省して振る舞いを変えていきましょう。
 
破局した原因が改善されないままでは、お相手に復縁したいとは思ってもらえません。また仮に恋人に戻ったとしても、再び同じ理由で破局に至ってしまいます。
ですが、その原因が少しでも解消されていれば話は別です。変化したあなたを見てもらうことで、元彼に復縁したいと思わせることができるでしょう。

2.冷却期間を作り自分から連絡しない

復縁したいと思わせるためには、別れてからしばらくは連絡を取ることをやめて冷却期間を設けてください。元彼への思いが強くなると、すぐにでも連絡を取りたくなってしまいがちです。
しかし、破局後はお互いに気持ちが不安定になっている場合が多く、連絡を取り合うことでより関係性がこじれてしまう可能性があります。
 
特に、別れた直後は要注意です。連絡をすることで別れる原因になった嫌な出来事を相手に思い出させてしまい、余計に縁遠くなるなんてことも考えられます。お互いに一度冷静になるためにも一定期間は連絡を取らないようにしましょう。
 
復縁したいと思わせるための冷却期間は、3カ月~半年が目安です。ある程度の時間を置いてお相手が落ち着きを取り戻した頃が、復縁したいと思わせるタイミングになるでしょう。

3.自分磨きをする

自分磨きをしてより魅力的な女性になることも、元彼にまた付き合いたいと思わせるためには大切なことです。
破局時のままのあなたでは、再び恋人になっても結局同じ結果になると思われます。一度上手くいかなかった人とやり直すためには、「あの頃とは違う」と思ってもらえるような何かしらの変化が必要なのです。
 
そこで、髪型を変えたりダイエットをしたりして外見に磨きをかける、これまでの考え方や言動などを改めて内面を成長させるなど、冷却期間中に何か一つでも自分磨きに取り組んでみるといいでしょう。
別れたことを後悔するくらい素敵な女性になることで、元彼に復縁したいと思わせることができますよ。

4.行動範囲を広げる

今までよりも行動範囲を広げてあえて他の異性との出会いを求めてみることも効果的です。元彼との別れが尾を引いていると、ネガティブになってしまうことも多いでしょう。しかしそんなときこそ、前を向いて新たなチャレンジをする機会です。
 
復縁願望があるとはいえせっかくフリーの身になったのですから、新しい趣味に打ち込んでみたり出会いの場に行ってみたりと、いろいろな刺激を受けましょう。それによりあなたのさらなる魅力が開花し、元彼の興味関心を引きやすくなります。

元彼に復縁したいと思わせるときに利用できるきっかけ

復縁したいと思わせるきっかけ

心得を踏まえたうえで、復縁したいと思わせるためのきっかけを作っていきましょう。ポイントは、さりげない接触と復縁アピールをしすぎないことです。
半年近い冷却期間のあとにする軽めのアプローチは、元彼に復縁したいと思わせることができる確率を高めてくれるでしょう。

相手の誕生日にLINEする

お相手の誕生日は、連絡を取るチャンスです。この機会を利用して、お祝いのLINEを送ってみましょう。復縁をほのめかす内容にはせず、一言二言の軽めのメッセージにするのがオススメです。
 
誕生日は年に一度の記念日なので、おめでとうと言われれば誰からであっても嬉しいものです。また、たくさんの人からメッセージが来る日でもありますから、長期間連絡を取り合っていなかった昔の恋人からのメッセージでも、不自然には思われないでしょう。
誕生日をきっかけにしたやり取りから関係を修復できた事例も多数あるようですから、復縁したいと思わせるきっかけとしては、オススメの方法ですよ。

貸し借りしていたものを返す

もし別れる前にお相手から借りていたものや貸していたものがある場合は、その返却を口実にして連絡してみるのも良いでしょう。借りていたものを返すという明確な目的があると連絡したり会ったりするハードルが下がるので、きっかけにはもってこいです。
元彼と接触しやすいこのきっかけを利用すれば、復縁したいと思わせるための糸口を探りやすくなるかもしれませんね。

近況を聞く

素直に今の元彼の状況を聞いてみる方法も、復縁のきっかけになるでしょう。無理に用事を作ったりかしこまった話をしたりせずに、「久しぶり!元気にしてる?」などフランクに声をかけることがポイントです。
一定の期間を空けた連絡であれば、お互いに破局当初の苦くてつらい気持ちも落ち着いているはず。近況を聞く程度の軽いやり取りであれば、元彼も気軽に対応してくれる可能性があります。
 
返事が来たら、がっつきすぎない程度の適度な距離感を保ちながらやり取りを重ね、復縁の機会を伺ってみましょう。
もし返事がなかったとしても、諦めないでください。数カ月の期間を置いてから、再度連絡してみましょう。お相手に復縁したいと思わせるためには、気長に関係性を築く意識を持つとうまくいきやすいですよ。

偶然を装って会う

偶然を装って元彼と再会する方法も良いきっかけになります。あくまでも偶然を演出することがポイントです。偶然の出会いはめったにないことなので、ばったり再会することで気持ちが盛り上がって復縁したいと思わせる効果が期待できます。
 
ただし、やりすぎるとストーカーに思われてしまいますから注意が必要です。

悩みを相談する

元彼に復縁したいと思わせるために、悩み相談をしてみるのもアリでしょう。相談内容は元彼の職種に転職したいなど、お相手がよく知っていそうな得意ジャンルの話がオススメです。
真剣な悩みを持ちかければ、頼られたことに喜びを覚えて復縁したいかも思わせることができるかもしれません。

友人を巻き込んで複数人で会う

お互いの友人なども誘って、複数人で集まる機会を設けるのも最適なきっかけです。2人きりで会うとなるとハードルが高くても、他の人もいる場であればお互いそれほど構えることなく会うことができるはず。
久しぶりの再会は、恋人関係に戻る後押しになるでしょう。自分磨きの成果を見せつけて、元彼に復縁したいと思わせるまたとないチャンスです。

復縁したいときにしてはいけないNG行動

どうしても元彼と復縁したいからとはいえ、やってはいけない行動もあります。うっかりNG行動をしてしまうと、あなたの望みとは裏腹な結果になってしまう可能性も。
そんな復縁に逆効果となるNG行動について、詳細をチェックしていきましょう。

自分から連絡したりしつこく付きまとう

復縁を実現させるためには、自分から積極的なアプローチをすることは避けたほうが良いでしょう。
別れてから時間を置かずに自分から連絡を入れたりしつこく言い寄ったりすることは、元彼をうんざりさせるだけです。お相手にはお相手なりの考えや気持ちがありますから、自分の気持ちを押し付けないようにしましょう。
 
連絡を取らないと不安になってしまうのはわかりますが、半年ほど期間を空けてから少しずつ関わりを持つようにする方が、元彼に復縁したいと思わせるには効果的ですよ。

復縁したい気持ちを元彼に気づかせる

復縁したいという気持ちは、相手にはあまり悟られないように気をつけてください。元彼があなたのことを「まだ自分に気があるんだ」と理解してしまうと、あなたの気持ちを都合の良いように利用されてしまうことがあります。
 
心からもう一度やり直したいと思わせるのなら、自分の気持ちがなるべく伝わらないように、ごまかしたりはぐらかしたりして対応していきましょう。

「焦らないこと」が復縁したいと思わせるためのコツ!

復縁したいと思わせるためには

元彼と再び恋人関係に戻りたいと思っても、なかなかすぐには実現しません。元彼に復縁したいと思わせることは、想像以上に骨が折れることでしょう。
だからこそ、長期間の戦いになることをあらかじめ想定して、焦らず急がず向き合っていくことが成功の秘訣です。
 
もし不安な気持ちが募ったり悩みが出てきたりしたら、占いを試すのも良い方法でしょう。話を聞いてもらえるうえ適切なアドバイスをもらうこともできますから、冷静さを取り戻すことができます。
復縁したいと考えているのなら、一度相談してみてはいかがでしょうか?

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です