復縁したいなら必須!感情を相手にぶつけない方法とは

復縁するなら感情をコントロールする

売り言葉に買い言葉で失敗したことのある人も多いでしょう。復縁したいならもう二度とそんな失敗を繰り返さないようにしなければなりませんね。どうすれば他人に感情をぶつけずに済むかを考えてみませんか?

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

復縁を望むなら感情的にならない方法を見つけるべし

心にも無いことをつい言ってしまってお相手を傷つけたり怒らせたり、元々少し気が短くてカッとなるとすぐにお相手に感情をぶつけてしまう…そんな女性は少なくはありません。冷静になって馬鹿なことをしてしまったと後から反省しても、もう後の祭りですよね。
 
元カレとお付き合いしていたときにも、ついつい感情的になって色々と言ってしまったり、泣いてしまったり、怒鳴り散らしてしまったこともあるでしょう。感情的になってしまったことがお別れのきっかけになってしまった方もいるはず。
 
どうして感情的になってしまうのかをじっくりと考えてみたことはありますか?どんな場面で感情的になってしまったのか、そのときの心情を一度じっくり思い返してみてください。
 
対人関係においては、一度発してしまった言葉が取り返しのつかない亀裂を生み出してしまうこともあります。復縁を叶えたいと望んで頑張ってきたこれまでの積み重ねが、そんな一瞬の出来事で吹き飛んでしまう恐れも。
 
そうならないためにも、上手に感情をコントロールして元カレと万全な状態でコミュニケーションを取れるように努力していきましょう。

感情的な人の心理状態とは?

感情的になる心理とは

一般的に、人はどういうときに感情的になってしまうのかを挙げていきましょう。
まず、不安な気持ちを払拭したいとか、自分に自信が無いときに、人は感情的になりやすくなります。触れられたくないことに触れられたときも、一瞬で感情的になることもあるでしょう。それは特にどのようなときかというと、図星を付かれたり、コンプレックスを刺激されたときですね。
 
自分のことを理解して欲しいときにも、感情的になりやすくなります。恋愛の場面では、ダンマリを決め込むお相手に対してイライラが募って、本音を引き出そうと躍起になっているうちに感情的になってしまうこともあるでしょう。自分で色々話しているうちに段々興奮してきて、感情がコントロールできなくなってしまう人もいます。
 
感情的になると、上手く言葉が出てこなかったり、どう表現していいのかわからなくなってしまい、言葉が出ない分、お相手の前で泣いてしまったりすることもあるでしょう。
男性が一番困ってしまうのがこのケースですね。目の前で女性、しかも自分が好きな相手に泣かれると、不器用な男性はどうしていいかわからなくなってしまいます。

感情的な女性を男性はどう見ているか

こんな風に感情的になってしまった女性に対して、男性はどう思っているのかを考えていきましょう。
大抵の男性は女性が感情的になり始めた時点で「面倒臭いな…」と思っています。それは感情的になってしまった女性が、自分がなにを言っても聞き入れないのをよく知っているからでしょう。
元より女性には口では勝てないと思っていますが、感情的になってしまった女性はさらに手に負えない、と匙を投げてしまいます。多くの男性が、女性が感情的になってしまうと黙り込んでしまうのはこのためです。
 
また、自分が発した一言が火に油を注いでしまうのを恐れている場合もあるでしょう。とにかく言いたいことを言ってすっきりすれば収まるだろうと考えています。
しかし、このダンマリが女性には「話を聞いていない」、「真面目に取り合う気がない」と思えて、さらにヒートアップしてしまう原因にも。
 
女性は感情でものを考えることに反して男性は理論立てて考えようとしますが、ここまでくれば男性側も黙ってばかりではいられなくなります。結果的に、そのうちにどちらも感情的になって大ゲンカに発展してしまうでしょう。

感情をコントロールするための行動

冷静に話し合えば、男性側だって「面倒臭い」と思わずにあなたの感情を受け入れる方法を模索してくれますよ。そのためにも、感情をコントロールする方法を身につけていきましょう。
 
感情的になってしまったとき、その場で感情をうまくコントロールするためには、一旦その場の雰囲気から遠くに自分を置いてみる必要があります。一瞬で頭を真っ白にできればいいのですが、なかなかうまくいきませんよね。
 
人が気持ちを切り替えるためには、なんらかのきっかけ(動作)が必要です。例えば、深呼吸を一つしてみるとか、目を瞑って頭の中でまったくその場とは関係のないことを考えてみたり、単純に心の中で数を数えて見るとか、身体を少し動かしてみたりとか、自分に一番合う方法を探してみてください。
一呼吸つけば少しだけ冷静になれますから、それからもう一度自分が本当に伝えたいことをできるだけ冷静に伝えるためにはどうすればいいか考えてみましょう。
 
反対に自分ではなくて、今目の前にいる彼はどう思っているだろうと考えてみたり、自分ではなく全くの第三者の立場になってこの状況を考えてみるのもいいですね。

感情をコントロールするための考えかた

これを読んでいる今は冷静な状態ですが、いざその場になるとそんなことはすっかり頭からすっぽ抜けてしまいそうですよね。
まずは自分で「感情的になりそうなときはこうすればいい」という最良の方法を徹底的に頭に叩き込んでおくことが大切です。
 
感情的になろうと思ってなる人はいませんが、特に短気だと自覚している方にはこの作業が重要となります。先ほど一呼吸置くことをお勧めしましたが、そのときに「自分は今憤っているのだ」ということをしっかりと自覚してください。
ネガティブな感情をあなた自身までもが否定すると、より一層他人に不条理な態度を取ってしまいます。「怒っていない!」と言いつつも感情的になっている人は、自分の現状を把握していません。そうならないためにも、自分の感情をしっかりと受け止めましょう。
 
そして、「どうしてこんなに自分はムカついているんだろう?」と自問自答してみてくださいね。そして、その理由を受け入れて、どうすればこの気持ちが相手に上手く伝わるかを考えます。
ここまでくれば、次に口を開いたときには対峙している人には冷静に語りかけることができるでしょう。

自分なりの方法を探っていこう

感情的になってしまいそうな場面は、恋愛以外にも友人や職場の人たちとの関係でも生まれることがあります。思いきり感情的になるほどではないものの、日常的にちょっとイラッとすることは誰にだってありますよね。
そんなときにこそ、前述したような行動でインターバルを置いてみると良い訓練になるでしょう。
 
まずは自分自身が「イラッときてるな」と自覚することから始めてみてくださいね。そしてその感情を否定するのではなく、しっかりと向き合いましょう。
これを繰り返して癖付けしていくうちに、本格的にカッとなって感情的になりそうなときにも冷静さを保てるようになりますよ。まずはイラッとしている度合いが低いときに色々と試してみて自分に合った方法を見つけて自分の感情と向き合いましょう。
 
復縁するまでには、長い道のりが待っています。その間には紆余曲折あるでしょう。
特に復縁したいと思っているあなたには、昔のこととシンクロしてついイラついてしまうこともあるはずです。たった一度だけ感情を爆発させてしまったことで、それまでの努力が水の泡になってしまわないように気をつけましょう。

まとめ

自分なりの方法で感情をコントロールする

元々の性質にも関わってくることですから、感情をコントロールするのは人によっては至難の業となるかもしれません。
しかし、客観的になぜ人は感情的になってしまうのか、どうすれば感情をお相手にぶつけずに済むかの行動や考えかたを頭の中に入れておくと、いざというときに役立ちますよ。
 
特に感情的になってしまったことがきっかけで別れたのであれば、いつどんなときも冷静でいられるように変化した自分をアピールすることも大切です。元彼が努力したあなたのことを受け入れてくれる可能性も高まりますよ。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です