元彼と復縁したいときのベストな連絡方法ってなに?

元彼と復縁したいときの連絡方法
 
元彼と復縁したいけれど、どうやって連絡すればいいのか迷うところですよね。
ここでは、元彼との復縁を成功に導く連絡方法やその内容、そしてベストなタイミングについてお教えします。

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

すぐに連絡するのはNG

元彼と復縁したい!その気持ちが切実であればあるほど、気持ちは焦ってしまいます。でも、まずはそんな気持ちも一度は封印してしまわなければいけませんよ。
 
一刻も早く元彼の気持ちを取り戻したいのはわかりますが、一度別れてしまったのに連絡を何度も入れるのは失敗の元です。すでに何度もやり直そうと連絡を試みているなら、今すぐに止めましょう。何度も連絡すればするほどに、元彼の気持ちはあなたから離れていってしまいます。
お互いに時間を置いて、客観的に自分を見つめ直す時間は必要不可欠ですよ。
 
連絡をし続けてなし崩しにヨリを戻すことはできても、結果的にまたすぐ別れることになってしまうでしょう。お二人の間にある問題は、まだ何も解決されていません。
まずは冷却期間をとって、しっかりと自分と向き合う時間を持ちましょう。

別れた直後の男性の心理状態

なぜ別れてすぐに連絡を入れると良くないのかは、別れた後の男性の心理状態に理由があります。
個人で色々と違いはありますが、別れた直後はまだ元カノに対して良い感情ではいられない人がほとんどです。中にはしばらく感情的になって、取り付く島が無いような態度に出てしまう男性も。
このタイミングで連絡しても、怒って嫌われてしまうでしょう。
 
また、別れた直後は開放感に浸っている男性も多いようですよ。しばらく自由を味わった後、別れたあなたのことが徐々に気になりだし、ついには別れたことを後悔し始めるようになります。
女性は別れた直後にどん底な気分を味わい、そこからゆっくりと立ち直っていきますが、男性の場合はその逆のケースが多いでしょう。ですから、別れてすぐはしばらく放っておくのが正解ですよ。
 
▼関連記事
別れて1ヶ月の男性心理とは?復縁のための対応策も紹介
 

別れ方によって連絡するタイミングは変わってくる?

元彼に連絡を取る際は、タイミングに気をつけてください。どのような形で別れたのかによってベストなタイミングに違いがありますから、確認していきましょう。

勢いでケンカ別れした場合

一概には言えませんが、ちょっとした口論がエスカレートしてお互いに売り言葉に買い言葉で引っ込みがつかなくなってしまい、勢いでケンカ別れしてしまったなら1、2週間程度の冷却期間でヨリを戻すことは可能でしょう。この場合は単純にお互いの怒りが収まって反省すれば、難なく元サヤに戻れる場合が多いです。

話し合って別れた場合

色々と話し合った上で冷静に別れた場合は、1か月から3か月ほど置いたタイミングで一度連絡してみるのがベストでしょう。冷静に別れた分、連絡するハードルも低いはず。近況を話しがてら、元彼の様子を伺ってみるといいですよ。

酷い振り方をした、連絡手段がない場合

問題は、あなたが酷い振りかたをした場合や元彼から連絡手段を断たれてしまった場合。このケースでは、元彼の気持ちが完全に切り替わる、半年から1年以上の冷却期間が必要でしょう。

連絡する前に自分をブラッシュアップして

復縁するためには冷却期間が必要ですが、ここで単に時間を置くだけでは何の意味もありません。この期間中に、あなたは自分自身のためにも自分磨きに精を出しましょう。
 
冷却期間中に自分磨きをする理由は主に2つあります。1つは失恋の痛みを忘れたり、元彼に対する執着心を薄れさせるため、もう1つは自分磨きによって元彼の気持ちを動かすためです。
仕事に打ち込んだり、料理を習ったり、ルックスを磨いたり、何か夢中になれるようなことを探してみてくださいね。
 
また、この期間中は、何故別れることになってしまったのかをしっかりと振り返ることも大切です。自分に至らない面がなかったか、元彼の立場になって考えてみましょう。
こういった行為は、あなた自身を大きく成長させてくれますよ。
 
▼関連記事
復縁のための冷却期間の必要性と復縁に向けた過ごし方とは
元彼を見返そう!自分磨きノート(シンデレラノート)の書き方のコツとは
 

連絡方法は何がベスト?

元彼と復縁したいと思ったときの連絡方法は何がいいのでしょうか。連絡するタイミングと同様に、連絡手段も元彼との別れ方によって違いがありますよ。

勢いでケンカ別れした場合

勢いでケンカ別れしてしまった場合は、普段通りに電話を入れてみるのが良いでしょう。
元彼がまだ怒っているようなら連絡しても返事はこないでしょうから、その場合は長期戦を覚悟する必要があります。

話し合って別れた場合

話し合いの末別れたカップルであれば、無難にラインかメールで元彼の様子を伺ってみましょう。
いきなり電話をしてみるのも悪くはありませんが、しばらく連絡していない間に彼の生活パターンが変わってしまっている可能性も。元彼の生活を第一に考えるなら、やはり時間のあるときに返信できるような連絡方法を取っておいたほうがよさそうですね。

酷い振り方をした、連絡手段がない場合

あなたが酷い振りかたをしてしまったのであれば、この場合もメールかラインで連絡してください。
連絡手段を断たれてしまっているなら、偶然を装って街でバッタリ会ったような演出を。

最初の連絡で送るべき内容

どんな連絡ツールを使ったとしても、1つだけ絶対に守らなければいけないのは「内容を完結に済ませる」ことです。
ここで元カレに対する思いの丈を長々と書き連ねたり、話したりすると、彼は間違いなく引いてしまうでしょう。次に連絡するチャンスを、みすみす自分から潰しにいっているようなものです。
近況を少し尋ねるくらいがベスト。電話でも長々と話さない、文章で送る場合は2~3往復くらいのやり取りで収めるようにしましょう。ただし、元彼のほうから色々聞いてくるようなら少々長引いてもOKですよ。
 
また、連絡するタイミングについてもよく考えるようにしましょう。特に電話を入れる場合は時間帯に気をつけて。
メールやラインを送る場合も、元彼の仕事や余暇の時間を邪魔しない時間帯に送るようにしてくださいね。

返信が無くても諦めないで

元彼から返信がなくても諦めないで
 
勇気を出して元彼に連絡してみたのに、返信がないとがっかりしてしまいますよね。でも、ここで諦めたり、しつこく何度も連絡しないようにしましょう。返事がもらえたらラッキー!くらいの心構えでいてくださいね。
元彼にしてみれば、たまたま忙しいだけで連絡しそびれてしまったのかもしれませんし、どう返信したらいいのか迷っているだけなのかもしれません。
 
もし、何の反応もなかったら、またしばらくの間は自分磨きに勤しみましょう。そのうちひょっこりと、向こうから直接連絡が来る可能性もありますよ。
男性は女性が思っている以上にナイーブな面がありますから、どういう反応をすればいいのか時間を掛けて考えてしまう場合もあるでしょう。とにかくポジティブな気持ちで結果を受け止めて。

連絡が取れるようになったら…

めでたく元彼と連絡が取れたとしても、そこがゴール地点ではありません。そこが復縁に向けての本格的な行動のスタートとなりますよ。
連絡が取れるようになったからといって、連絡攻めにしないように気をつけましょう。
 
また、しつこく直接会いたいと言い続けるのもNGです。あくまでも最初は友達として、ご縁を結び直すようにしてくださいね。
付かず離れずの距離を保ちつつ、以前のあなたとは変わったということをゆっくりと元彼にわかってもらいましょう。あなたの変化に気付けば、彼の反応も徐々に変わってきますよ。
 
復縁を成功させるには、お互いの思惑もあって非常に時間が掛かるものです。焦らずにじっくりと取り組めば、元彼の懐深くに入り込めるようになるでしょう。

まとめ

復縁したいなら元彼の立場を考えて連絡する
 
元彼に連絡をするための方法や、ベストなタイミングを見ていきました。別れかたによって多少、連絡手段やタイミングは変わってきますが、基本的に復縁には時間が必要であることに変わりはありません。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です