不倫相手と喧嘩してしまった…上手に仲直りする具体的な方法は?

喧嘩した不倫相手とどう仲直りする?
 
普通の恋人同士と同様に、不倫相手とも喧嘩はしてしまうものです。
ただ、普通ではOKな仲直りの方法も、不倫となると少し勝手が違ってきます。上手な仲直りの方法を知っておきましょう。
 

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

どうして喧嘩になってしまうのか

付き合い始めのうちはお互いに気を遣っていたり、相手に夢中だったりして、思いやりも充分に発揮できます。
しかし、不倫相手でもそれなりに長い付き合いになっていくと、ついつい気を許し過ぎて本音をぶちまけてしまうことも。
 
不倫相手との喧嘩の原因は、大抵が気の緩みか、日ごろ言いたいことを抑えている気持ちが何かのきっかけで爆発してしまうからです。
不倫という、先の見えない関係に疲れてしまっているのもあるでしょう。不安な気持ちがあるからこそ、何か琴線に触れるようなことがあれば喧嘩腰になってしまうというのもあるかもしれません。
 
男と女ですから、長く一緒に居ればそれなりに不満も溜まってきます。問題は喧嘩をしてしまうことよりも、その後スマートに仲直りできるかどうかでしょう。
 
▼関連記事
不倫相手と喧嘩する原因と破綻しないための対応について

 

喧嘩した後の不倫相手の気持ち

喧嘩後の不倫相手の心理とは
 
喧嘩の直後は、どんなに優しくて思いやりのある彼も大抵イライラしています。
 
たとえ自分が喧嘩の原因を作ったとしても、まず頭をよぎるのは「面倒臭い」ということ。
家庭持ちの相手は、家庭を失うかもしれなというリスクを負ってまであなたと交際しています。家族にバレないように日ごろから気を遣っていますから、ストレスも相当なもの。
そこにきて癒やしの存在であるあなたにまでイライラさせられるようでは本末転倒です。面倒と思ってしまうのも、分からないわけではありません。
 
また、相手が原因で喧嘩になってしまった場合は、そんな自分がイヤで罪悪感に苛まれていることも。
 
いずれにしても、喧嘩をした直後はストレスの原因である「不倫」自体を止めようと考える男性が多いのも事実なのです。
 

二人のことや今後のことで喧嘩になった場合

性格の違いや考えかたの違いから喧嘩になってしまった場合、とにかく仲直りしたいなら色々と考えずにまずあっさりと謝ってしまうのが得策です。
 
「私の言いかたが良くなかったと思う。ごめんね。」女性からすると、あっさりし過ぎているのでは?と思うかもしれませんが、ひとまず「自分が悪かった」と一旦は泥を被ることが大切です。
女性側から謝られれば、男性はつい許してしまうもの。後は普段通りに明るく接するようにしましょう。
 
ただ、仲直りするためとはいえ、納得のいかない面があなたには残ってしまっているはず。価値観の違いなどを正して欲しい面があるなら、喧嘩してから日数を置いてから改めて冷静なときに伝えましょう。
意見を押し付けられると、自分が否定されているような気になるものです。ですから、できるだけ可愛らしく明るく伝えると◎。
 

相手の家族のことで喧嘩になった場合

相手の奥さんのことで喧嘩になったり、今後奥さんと別れてくれるのかどうか問い詰めたりと、あなたが原因で喧嘩になってしまった場合も、まずは手短に謝ることが先決です。
 
その際も、わざわざ奥さんや家族のことを蒸し返したりしないようにしましょう。
謝罪の際も、「奥さんと別れてってもう言わないから…」や「奥さんの悪口はもういいません」など「奥さん」や「家族」というワードを使うのもNGです。
 
男性側としては、もうそのワード自体を聞きたくないというのが本音。上手に仲直りしたいならば、彼自身の立場に寄り添うことが大切です。
「あなたの事情はわかっているつもりなのに、ついワガママ言ってしまってごめん。」「あなたの気持ちも考えずに、つい言い過ぎてごめんなさい。」など、彼の気持ちを理解しているということを強調しましょう。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます


 

嫉妬が原因で喧嘩になった場合

あなたが原因で相手に嫉妬させて怒らせてしまった場合は、「冷静になれずに言い返したこと」を謝りましょう。
不倫相手と関係を続けたいと考えているなら、自分は悪くないと思っても、とにかく一旦は相手を冷静にさせて話す機会を設けるのが先決。これはどんなパターンの喧嘩であっても、すべて同様です。
 
相手の浮気(奥さん以外の女性)や他の女性に対する思わせぶりな態度が原因で、喧嘩に発展した場合も同様にまず簡単に謝ってしまいましょう。
「ついつい嫉妬しちゃったの。ごめんなさい。」「少し不安になっちゃって…でもごめんね。」など、その際は本音をサラッと混ぜてもOKです。
 
ただし、嫌味ったらしい表現や言いかたはNG。あくまでも可愛らしく本音が漏れちゃった…という態でサラリといってしまいましょう。
 
▼関連記事
不倫相手の妻や家族への嫉妬との向き合い方

 

なかなか会えない、約束を守ってくれないことで喧嘩になった場合

不安だからこそそういったフォローはしっかりとしてもらいたいもの。ただ、不倫をしている以上、そういったことが難しいのも織り込み済みのはずです。
関係を長続きさせたいなら、お互いに何度も同じようなことで揉めたくもないでしょう。ポイントは、会いたい気持ちを強調し過ぎて重くならないようにサラリと謝ること。「自分の都合ばかり押し付けてごめん。」
 
また、少し相手の罪悪感を煽りたいという小悪魔なあなたなら、その約束ごとに対して「楽しみにしていたんだけどな。」くらいは言っても大丈夫でしょう。
あくまでも、「あなたに会えるのを楽しみにしていた」というニュアンスにならないように注意が必要です。そういう風に伝わると喜ぶ男性もいますが、大抵の場合は重荷に感じるようになってしまいますよ。
 

不倫相手との仲直りでやってはいけないNG行動

不倫相手と喧嘩してしまったら、恐らく多くの女性はメールかラインでまず連絡を取ろうとするはずです。
そこでよくやってしまうのが、今の気持ちを長々と書き綴ってしまうこと。これは絶対にNGです!
 
殆どの男性は、メールやラインの長文を読むのは面倒だと考えています。ましてや不倫相手からのメールやラインは、家に居るなら読むのにも気を遣ってしまうでしょう。喧嘩してイライラしているなら尚のこと。長文メールなんか読みたいはずもありません。
そこに例えあなたの真心がたっぷりと込められていたとしても…です。
 
また、長文は不倫相手をうんざりさせてしまう他にも、思いが重過ぎる…と感じさせるものでもあります。文面でまず謝る場合は、あっさりと。そして何度も同じ話を蒸し返さないことも大切です。
 

喧嘩を回避するために

不倫相手との喧嘩を避けるためにすべきこと
 
仲直りする方法も大切ですが、そもそも喧嘩をしなければ余計なことで悩む必要もないわけです。不倫している以上は、普通の男女関係で起こる喧嘩よりも別れのリスクが高いということをまず頭に入れておきましょう。
 
どのような関係でも、女性が感情的になって喧嘩がスタートすることが多いのも事実です。彼の言葉に対してカッとして、考えなしにすぐに言い返してしまうのは止めましょう。言い返したい気持ちを一旦抑えて、上手に言いたいことを伝えるのが得策です。
 
また、男性をイライラさせるような態度を控えるのも、喧嘩を回避するのに役立ちます。ウジウジした言動や考えをハッキリ言わずに匂わせるような行為、上から目線の言動を控えると、喧嘩のきっかけは劇的に減っていくでしょう。
 

まとめ

不倫相手との喧嘩が拗れてしまえば、別れに直結してしまいます。それがイヤで仲直りしたいなら、やはり素直に謝るより他に道はないでしょう。
 
後はとにかくしつこくしすぎないことが大切です。喧嘩はときにお互いの気持ちを盛り上がらせるスパイスともなりますが、できれば喧嘩せずに仲良く過ごしていきたいものですね。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

電話占いシエロ(Cielo)は、365日24時間いつでもどこでもご利用可能!

電業界随一の厳しい採用基準をクリアした実力派の占い師が多数在籍していますので、復縁や不倫といった恋愛のお悩みから対人関係や家族の悩みなど、さまざまな相談に確かな腕でお応えいたします。

また、初回10分無料サービス、鑑定後のアフターメールも大好評!スペシャルキャンペーンなど、お得な特典も多数ご用意していますので是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です