パートナーが不倫中に見せる特徴とは?言動の変化や癖で見抜くコツをご紹介!

不倫中のパートナーの特徴を観察しよう
 
パートナーの言動が以前とは変わってきた気がする…。そんなときのために浮気や不倫をしているかどうかを見抜く術を身につけましょう。
異変に早く気付けば、関係が泥沼化するのを防ぐこともできますよ。

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

携帯電話をやたらと気にする

不倫をしている人が取るもっとも特徴的な行動が、この「携帯電話を気にする」仕草です。
殆どの人が携帯電話やスマホを持つ時代となってから、不倫相手との主な連絡ツールに確実になっているでしょう。直接電話が掛かってくることもあれば、LINEなどのSNSでこっそりと連絡を取っている場合も。
 
パートナーが浮気しているかも?と気が付くのは、以前とは携帯電話の扱いが変わってきたことがきっかけとなることが多いようです。
例えば、以前はあちこちにスマホを置きっぱなしにしていた人が常にスマホを持ち歩くようになったり、電話が掛かってくれば別室に移動したりと、大きな異変が感じられるでしょう。
パートナーの携帯電話やスマホの扱いが変わってきたなら要注意です。
 
▼関連記事
LINEの非表示は浮気の可能性大!?LINEで見破る浮気の可能性について

同性の友人とよく遊ぶようになる

これまであまり交流のなかった同性の友達とよく会う約束をしているというのも、それは単なるウソで実は不倫相手と会っている…ということもあります。
同性の友達と偶然街で会ったから一緒に飲んでいた、同性の友達と旅行に出掛ける予定があるなど、不倫を誤魔化すための理由としては都合良く利用されがちです。
 
中には本当に旧友と再会して、昔の交友関係が戻ってきたということもあるでしょう。この言い分だけでは納得しきれないものの、前述した携帯電話にまつわる不穏な動きなどと重なっていれば、注視しておいたほうがいいかもしれません。
特に旅行に出掛けると言い出したなら、その土地の名所が見たい、あなたの友達がどんな人なのか知りたいという理由付けでもして、写真を撮ってきてと牽制して反応をみるとよいでしょう。

休日出勤や残業が増える

休日出勤や残業なども、不倫の言い訳によく使われる特徴があります。これまであまり休日出勤することなどなかった、残業が少なかったというのであれば要注意です。
この場合はパートナーの仕事の時間のサイクルや繁忙期、残業してはいけない環境かどうかなどを把握しておくと、簡単にウソを見破ることができます。
会社の形態が変わった、方針に変更があったなど後付けで誤魔化してくる可能性もありますから、給料明細に目を通すことも忘れずに。
 
また、接待などで休日にゴルフに行くことが増えるのも要注意です。ゴルフであれば私服で出掛けることになりますから、より不倫相手とデートしやすいことも考えられます。
遠くのゴルフ場に泊まりがけで行くようなケースが増えれば、警戒しておいたほうがよいでしょう。

これまでと態度に違いが出てきた

急に態度が変わって優しくなる
 
罪悪感から急に優しくなるのも、不倫をしている人の大きな特徴です。サプライズでプレゼントを買ってきたり、早く帰ったときに家事を手伝ったりということもあるでしょう。
パートナーが優しくなったことに対して手放しで喜べるような状況ではないのかもしれません。しかし、急に優しくなる時点では、まだそんなに不倫にのめり込んでいる状態ではないでしょう。
 
浮気相手に本気になりだすと、今度は態度が冷たくなり始めます。話し掛けてもいつもイライラしている、まともに会話をしようとしない、顔をまっすぐ見ようとしないなど、態度が硬化しているようなら、かなり危険な状態といえます。
ここまでくるまでに何度も不倫の兆候は見られたはず。急に優しくなることが増えだした時点で浮気の証拠を見つけて、しっかりと対処しておきましょう。

格好を気にする

不倫をしている人の大きな特徴の一つに、急に容姿に気をつけるようになることが挙げられます。
これまで格好には無頓着だったのに、急に髪型や服装を気にしだしたり、香水などを使うことがなかったのに急にこだわり始めたり、パートナーが女性であればメイクの方法が変わる、メイクが厚くなるなどの変化が見られるでしょう。
 
また、持ち物のセンスが急に変わるのも要注意です。これまで身に着けたことのないようなデザインやセンスの物を身に着けたりしているなら、それは不倫相手からのプレゼントの可能性もあります。
「最近趣味が変わったの?」「急にオシャレに目覚め始めてどうしたの?」と理由がわかっていても牽制しておいたほうがよいでしょう。そう聞かれて誤魔化したり、狼狽えたりするようなら、黒の可能性がありますよ。

車で出掛けることが増える

車を使う頻度の高さも不倫中の特徴
 
休日に「ちょっと出てくる」と言って車で出掛けることが増えるのも、浮気をしている人の特徴といえるでしょう。車内なら人の目を気にすることなく不倫相手に会うこともできます。
また、短時間ちょこちょこ車に乗って出掛けているなら、その隙に不倫相手に電話している可能性も。家で電話をするよりもノビノビと長時間話すことも可能です。
 
今まで車に無頓着だったのに嬉々としてマメに掃除しに出掛ける、車内のBGMの趣味が変わった、助手席の位置がいつもと変わっていることが多いなどの変化があれば気をつけましょう。
特に助手席の位置が度々違うようなら、一度きちんとその理由を問いただしてみてください。よくわからない言い訳をするようなら、しょっちゅう浮気相手を車に乗せているかもしれませんよ。

パートナーに対する関心度が下がる

前述の「態度が変わる」という特徴に通じるものがありますが、もっともわかりやすい変化は「夜のお誘いの頻度が下がる」ことです。
他にパートナーに対する関心度が下がったことについてのわかりやすい例は、触れると露骨に避けられる連絡をしてもなかなか返事がないパートナーのちょっとした変化に気付きにくくなったなどの兆候があります。
 
ただ、本当に仕事で疲れている場合や精神的に弱っている可能性もあるので、不倫をしているかどうかを見極めるのは慎重に行ってください。
一概には言えませんが、仕事で大変な時などは性欲も落ちてしまいがちです。特に夜のお誘いの頻度が下がるというのはとてもデリケートな問題でもありますから、他の特徴と合わせて見ていく必要があるでしょう。

お金の使いかたが変わる

家計の管理をパートナーに任せっきりの場合、お小遣いの追加を度々お願いされたり、増額を要求されたりするようなら不倫している可能性は高いでしょう。
不倫関係を継続するために、食事代やプレゼント代、ホテル代などがかさんで常にお金に困ることが増えていきます。
深夜のタクシー代がかさむことが多いなら、不倫相手を家まで送ってから自宅に帰っている可能性も。お小遣いだけでなく、クレジットカードの明細などもしっかりとチェックしておきましょう。
お金の動きをきちんと管理しておくことが、不倫しているかどうか判断して早期に対処する近道に繋がります。
ただし、夫婦で別々にお金を管理している場合は、この方法で見極めるのは難しいでしょう。

まとめ

浮気をしているパートナーがとりやすい行動には幾つものわかりやすい特徴があります。不倫が本気になる前にウソや誤魔化しを見抜いて、早めに対処する必要があるでしょう。
揉めるのがイヤで見て見ぬフリをしたり、気付いていないフリをしたりせずに、きちんとパートナーと向き合うことが大切です。
 
拗れてしまった夫婦関係を修復するのは容易ではありませんが、対応が早いほど元の関係に戻るのも早くなりますよ。
 
▼関連記事
該当していたら要注意!夫の浮気の兆候3つと見つけたときの対処法
不倫から関係を再構築したケース3つ!夫婦関係を修復する秘訣とは

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です