不倫相手に冷めた瞬間!愛情が冷めてしまう理由や原因をご紹介!

ソファの上で悩む女性
不倫相手に対して瞬間的に気持ちが冷めた経験のある人がたくさんいます。それもちょっとした理由が原因だったりするようですね。
 
どのようなときに気持ちが冷めたのか幾つか例を挙げていきましょう。

電話占い10分無料がなんと7人まで相談無料!!

自分の他にもモーションを掛けていた

意外に多いのが、自分だけでなく別の女性にもモーションを掛けていたことがわかったとき、瞬間的に気持ちが冷めたというものです。
 
奥さんと不倫相手一人だけでは満足できない不倫体質の男性は結構多いもの。どんなときでもチャンスがあれば新しいターゲットをモノにしようとしています。
 
なにかの拍子に他の女性にちょっかいを掛けている現場を見てしまったり、他人からウワサ話で聞いたりして、それまで盛り上がっていた気持ちも途端に萎えてしまうのですね。
 
自分という個人を愛してくれているのかと思いきや、相手は誰でもよかったのかもしれない、実は身体だけが目当てだったんだということがわかると急に気持ちが冷めてしまうのは当然かもしれません。

奥さんが妊娠して冷めた

不倫がスタートする前から「妻とは不仲だ」と言い、付き合い始めてからは「妻とはもうすぐ別れるから…」と言っていた不倫相手。
 
同じ会社に勤めている者同士なら、奥さんが妊娠したならそのニュースが飛び込んでくることも稀ではありません。そのときにこれまでの不倫相手の言葉がすべてウソであったことを痛感します。
 
奥さんが妊娠するということは、当然奥さんとはレスでもなんでもなくてそれなりに交渉があるという紛れもない事実を突きつけられたも同然です。
 
結局のところ、不倫相手にとっては自分との関係は遊びでしかなかったのだなと思い知らされて、これまでの情熱がウソのように消え失せてしまうのかもしれませんね。

都合の良い女扱いされていると感じた

男に背を向けて横になる女性
時間に融通の利く独身だからこそ、不倫相手の都合に合わせて付き合ってきたのに…というのが主な理由ですね。連絡するのもデートするのもすべて不倫相手の都合が優先される交際になりがち。
 
仕方ないなと思いながらやり過ごしてきたものの、自分が大切にされていないことに気付いてしまったとき、気持ちが瞬間的に冷めてしまうようです。中には交際が続いていくうちに、ホテルで数時間一緒に過ごして終わりという関係になっていってしまう不倫カップルも。
 
大した話もできず、求められているのは身体だけなのかと思うと、気持ちも持続できなくなってしまいます。お互いの関係がギブアンドテイクでないと気付いて、そんな相手と不倫しているのが馬鹿らしくなってしまうのでしょう。

お金をケチりだした

カフェで男を威圧する女性
不倫が始まった当初は相手が食事代やホテル代を出してくれていたり、少し高価なプレゼントをしてくれたりしていたのかもしれませんね。
 
ただ、そんな不倫関係も長引いてくると男性側はどんどん出費がかさみます。そのうちにホテル代を割り勘にして欲しいと言われたり、食事もチープなもので済まされたりといったこともあるでしょう。
 
既婚者と不倫している女性にしてみれば、自分は制約が多い恋愛で我慢していることも多い立場。せめてその対価として金銭的なものは不倫相手に負担してもらいたいところですね。
 
お金をケチりだした不倫相手を見て、この人にとって自分の価値はそんなものなのか…と思うようになると、気持ちも急激に冷めてしまうようです。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

何だかんだ言って家族を大切にしていることがわかったとき

既婚者が不倫するときには「妻との不仲」や「家族との関係が疎遠」など、家族との関係が良くないことを理由に不倫相手を繋ぎ止めようとするものです。ですが、時が経つにつれて、何となく違和感を覚えるようなことが増えていきます。
 
家族のイベントがあるときには絶対に自分とは会ってくれない、デート中に掛かってきた奥さんからの電話ではそんなに不仲な様子が感じられない、携帯電話の待ち受け画面には笑顔の子供の写真が、などなど。
 
付き合い始めたときは好きという気持ちが強くて気付かなかったけれども、何かおかしいなと思うことが増えていくようです。そんな積み重ねがあり、結局家族が大事なんだなとわかったとき、気持ちもスーッと冷めてしまうのですね。

自分に他に好きな人ができた

肘をつく男と肘をついてあきれる女性
これは普通の恋愛でも同じですね。他に好きな人ができると、そちらのほうに興味が移ってしまうのは当たり前のこと。ましてや好きになった相手が独身男性であれば、不倫関係でこの先どうなるかもわからない相手よりも未来に期待も生まれます。
 
不倫相手に対する気持ちが突然冷めてしまう理由としては、充分に納得のいくものですね。独身女性が不毛な不倫関係に終止符を打つのには一番合理的で良い理由なのかもしれません。
 
不倫相手に夢中になっている間は難しいのかもしれませんが、関係ができてから少し時間が経ったころから新たに好きになれるような独身の男性を探してみれば、すんなりと不倫を止められそうですね。

不倫相手が束縛するようになった

「他の男と連絡するな」「たとえ女友達であっても、夜に俺以外の人と出歩くな」など、実際に不倫相手の女性に言う男性がいます。元々自由な気質の女性だったり、不倫も遊びの一環と考えていたりするようなタイプなら、不倫相手から束縛されるようなことがあれば一気に気持ちも冷めてしまいそうですね。
 
ただ、このケースは人によるかもしれません。不倫相手の束縛を愛情の裏返しと勘違いしてしまうタイプなら、「やっぱり私はあの人から愛されているんだ」と思ってしまいそうですね。
 
ですが、相手は配偶者がいるのに、何故いつも我慢している私がそこまで干渉されなきゃいけないんだろうと何となく腑に落ちないところもあるかもしれません。こうした束縛が増えていくことで、不平等感を覚えて気持ちが冷めてしまうケースもあるのです。

マンネリ化が原因となることも

ベットの上で考える女性
長期に渡って関係が続いている場合、普通の恋愛や結婚生活と同じようにマンネリ化が進んでしまう場合も。交際が長期化して、お互いに気心が知れた状態を通り越して遠慮がなくなってしまうのがその理由かもしれませんね。
 
恋愛を楽しもうと思っているのにもかかわらず、最早自分に気を遣うことも忘れてだらしない姿を見せてくる不倫相手。最初は自分に心を許してくれているんだな…と好意的に考えていたかもしれませんが、行き過ぎると恋心も冷めてしまいます。
 
デートも回を重ねるごとにマンネリ化して同じような場所ばかりになったり、もっと酷い場合は会ってホテルに直行して行為が済んだらすぐに帰ってしまったり。不倫ならなおさら、もうちょっと自分に気を遣って欲しいという女性は意外と多いものなのです。

まとめ

ここまで、不倫相手に対する気持ちが冷めた瞬間の例を幾つか挙げてきました。不倫は普通の恋愛よりも気持ちが燃え上がる要素もありますが、一瞬でそれが冷めてしまうことが多いのもまた事実です。
 
元々リスクが高い関係で、尚且つ片方が独身であればどうしても独身側に不満が溜まりがちとなります。そういった出来事の積み重ねが、ある日プッツリと気持ちの糸が切れてしまう原因となってしまうのですね。
 
急に気持ちが変わったというよりは、そうなるまでに何度も気持ちが冷めるような理由が重なってしまうからなのでしょう。
 
いずれにしても、不倫関係にあって良いことなど一つもありません。気持ちが冷めたのであれば、なるべく早めに関係を断ち切るようにしたほうがよいですね。
 
【関連記事】
既婚者男性が不倫相手に求めるものとは?
不倫のルール3選!不倫を⾧続きさせる絶対に守るべきルール

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

電話占いシエロ(Cielo)は、365日24時間いつでもどこでもご利用可能!

電業界随一の厳しい採用基準をクリアした実力派の占い師が多数在籍していますので、復縁や不倫といった恋愛のお悩みから対人関係や家族の悩みなど、さまざまな相談に確かな腕でお応えいたします。

また、初回10分無料サービス、鑑定後のアフターメールも大好評!スペシャルキャンペーンなど、お得な特典も多数ご用意していますので是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です