不倫にルールは必要!長続きさせるために守るべきこととは

ベンチに座っている女性に薔薇を渡す男性

不倫をする女性たちの多くが心に抱くのは「2人の関係を長く続けていきたい」という切実な想い。どちらか、またはお互いが既婚という状態にある場合は、危険と知りながらも未知のロマンとスリルにハマってしまう人も少なくありません。しかし、ひときわ燃え上がる関係である一方、ちょっとした歪みで崩れやすいという特徴を持つのも事実です。
 
そこで注目したいのが、不倫を長続きさせるルール。今回のコラムでは、不倫の恋をしている方に向けて「守るべきルール」について紹介します。

なぜ不倫にルールは必要なのか

芝生に座りパソコンを見る男女

不倫をしている方にもいろいろな考えがあると思いますが、「世間に認められなくても関係ない!」と強い気持ちで不倫を続けている人もいます。
 
ですが、個人の感情だけで不倫を続ければ相手をはじめ、不倫相手の家族や自分の家族など誰かしらを傷つける可能性があります。だからこそルールを決めることで、2人の関係がバレる確率を下げ、ルールがあると認識することでメリハリのあるお付き合いができるのです。
 
この不倫にまつわるルールは2人の関係を縛るためではありません。不倫カップルが守るべきルールは、現在の関係を長続きさせるためのもの。決して世間に認められる行為ではありませんが、それでもルールを決めて守ることでトラブルを防ぐ効果が期待できます。

守るべきルール5選

見つめ合う男女

不倫関係を長続きさせるためには、基本となるルールがいくつかあります。不倫している方に守っていただきたい基本ルールをまずはチェックしていきましょう。

1. 家庭を壊さない

自分はもちろん、相手が既婚者であるときに注意していただきたいのが、家庭を絶対に壊さないこと。とりわけ既婚者とお付き合いをしている女性の中には、相手の奥さんに2人の関係をアピールしたいと考える人もいます。
 
そのような相手の家庭を壊す言動は、自ら不倫をバラしているようなものです。バレた瞬間、大問題に発展する可能性があり、多くの不倫カップルがこの問題で2人の関係を清算しています。

2. 不倫関係は2人の絶対的な秘密にする

多くの時間を一緒に過ごせない不倫は、通常の恋愛に比べて寂しさや不安が募りやすくなります。そのような精神状態である場合、多くの女性は不倫の悩みを友人に打ち明けてしまう傾向があります。相談する相手が心から信頼できる人であったとしても、誰かに話せば必ずどこからか情報が漏れます。つまり、不倫について誰かに話した時点で「絶対的な秘密」にはならないのです。
 
また、世の中における不倫否定派が圧倒的に多いことから、友人に話したところで不倫を理解してくれない可能性もあります。絶対に誰にも言わない2人だけの秘密を徹底してください。

3. 自分の中で不倫の期限をつくる

不倫をしていると、良くも悪くも関係が長く続いてしまうことがあります。いま現在、本気で不倫をしているなら、少し冷静に自分と相手の状況を考えてみましょう。人によっては将来があると考える方もいるかと思いますが、多くの人が感じ取るのは「不倫=未来がない」という想い。だからこそ、自分の中で不倫をする期限を決めてみてください。
 
不倫相手の言葉をいつまでも信じていても、何も変わりません。言葉だけで何も行動に起さない男性なら尚更です。不倫ではない新しい恋のチャンスを見逃さないよう、上手に気持ちをコントロールしながら不倫するくらいの余裕を持つと、不倫に対して冷静に考えられますのでおすすめです。

4.不倫相手の他にも恋愛対象を探してみる

長く続いてしまうと、相手に好意を寄せてしまうことがあります。もし相手が既婚者ということであれば、いずれ大変な修羅場になってしまうかもしれません。なので、そうならないように不倫相手のほかに合コンやSNSなどで良い感じの人を見つけておくと良いでしょう。もしかすると、価値観などが一致して恋愛対象と言える人が見つかることもあるかもしれません。
 
不倫しているときは、深く好意を抱く前に他の相手を探してみると修羅場に巻き込まれずに済むので気持ちも楽になるでしょう。少しでも好意を持ち始めたら代わりの人を見つけるといったルールがあると相手一人だけを意識することが少なくなるので長続き出来るでしょう。

  • 新規登録(無料)はこちらから!
    7人まで初回10分無料で相談できます!

    ※一部対象外の占い師がいます

  • 口コミやランキングから
    相性の良い先生を探せます!

5.不倫している最中はSNSや写真は控える

SNSや写真は日常的に使う人が多い機能ですが、不倫がバレる原因でもトップクラスです。InstagramやTwitterなどに写真を載せることでその時の楽しい時間や思い出を記憶したいのは仕方ないと思います。ですが、思い出と同時に証拠が残ることを理解しなくてはいけません。
 
お互い不倫をしている身になりますので、証拠が残る行動は後々のリスクを増やす行為になってしまいます。なので、SNSや写真は出来るだけ控えるといったルールはとても大事です。もしSNSや写真を撮ることをどうしてもやめられない場合は、鍵アカを作成するなど最低限のルールを作ることが長続きさせるためには必要となります。

連絡をする方法や会うためのルールとは

抱き合いながらスマホをいじる男女

関係を長続きさせるには、お互いリスクを減らすことが大事になってきます。連絡をとる方法や会うために必要なルールを作ることでバレるリスクを減らし、秘密の関係を長く続くようにしてみましょう。ルールはお互いが守ることで初めて意味があるものです。
 
片方がルールを蔑ろにしてしまうとお互いが不幸になるきっかけになってしまうので、長続きのさせるためにお互いが守りやすいルールを一緒に決めるとより関係がバレにくくなるでしょう。ここでは、代表的なルールをいくつか紹介しますので参考までにみてみましょう。

1.不倫相手の連絡先を登録する際のルールを決める

連絡をする際は、相手の名前や性別を偽ることで対応したり、事前に会社や職場の取引先を装って連絡するなどで対応するなどのルールを作ると長続きするかもしれません。SNSやメールを使用する際、もしもスマホを覗かれても対応できるようにハートなどの絵文字を使用しないようにしましょう。
 
しばらく連絡がないときはメールを送りすぎると相手側の通知に大量に表示されることになるので「落ち着いたら折り返し連絡お願いします」などと言ったメールで対応をすることが大事です。メールを送る際のルールも決めると、バレるキッカケが少なくなり長続きするでしょう。

2.会うタイミングや場所は計画的に!

会うときのタイミングや場所を決めることも大事なルールになります。相手と会うときは出張先や観光地などが候補として多いのですが、出張先でも電話で確認してから会うルールなどでタイミングを見計らうことが大切です。
 
観光地の場合は、遊びに行きそうな親戚や知人などにあらかじめ「この日、○○に行くんだけどお土産は欲しいのある?」と確認することで鉢合わせるリスクを軽減する、という感じで会うためのルールを作るとより楽しめるかもしれませんね。

3.不倫相手とのやり取りは残さない

相手と連絡のやりとりを残すことは基本的にはNGとなります。トイレやお風呂に行く際にスマホを忘れて行くと画面に表示されてしまうことがありバレるきっかけになります。もし連絡をしているところを見られても自然体でいることが大事です。
 
不自然に目をそらしてしまったり、逆に起こるようなことがあれば、不倫を長続きさせるどころか双方に慰謝料など賠償責任が及ぶ可能性があります。長続きさせるにはこういったリスクを無くすためやり取りは基本的に残さないよう注意したほうがいいでしょう。

まとめ

暗い建物の中で見つめ合う男女

長く続けるためには基本ルールを守ることが大切です。そしてこの不倫ルールは2人の関係に制限をかけるものではなく、お互いを守るためのものでもあります。ルールをきちんと守った上で不倫相手との恋を楽しんでくださいね。
パートナーの不倫への本気度を知る方法!きっかけや適切な対処法も
既婚者男性が不倫相手に求めるものとは?


このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 新規登録(無料)はこちらから!
    7人まで初回10分無料で相談できます!

    ※一部対象外の占い師がいます

  • 口コミやランキングから
    相性の良い先生を探せます!

電話占いシエロ(Cielo)は、365日24時間いつでもどこでもご利用可能!

業界随一の厳しい採用基準をクリアした実力派の占い師が多数在籍していますので、復縁や不倫といった恋愛のお悩みから対人関係や家族の悩みなど、さまざまな相談に確かな腕でお応えいたします。

また、初回10分無料サービス、鑑定後のアフターメールも大好評!スペシャルキャンペーンなど、お得な特典も多数ご用意していますので是非ご活用ください。