6月病が社会人の中で急増中!?五月病との違いや予防法をご紹介

6月病の女性五月病は広く認知されていますが、最近は6月病になる方も増えているのだとか。
そんな6月病の特徴や五月病との違い、6月病が仕事に与える影響やその予防法などについて詳しくお伝えします。

6月病ってどんな病気?

6月病がどんな症状か悩む女性就職や異動による環境の変化に必死で対応した4月が過ぎて、なんとか五月病にはならずに済んだ。そう思っていたのに、6月になって心身に様々な不調を感じるようになってしまった…。
もしかしたら、その症状は6月病かもしれません。
 
6月病は、4月5月と自分を取り巻く環境の変化に適応しようと無理を続けた結果、心身のバランスを崩してしまう状態を指します。
正式な病名ではなく、医療機関に行けば大抵の場合は「適応障害」と診断される病気なのです。
 

6月病の特徴~五月病との違い~

「やる気がでない」「なんとなくしんどい」など、五月病と6月病の症状に変わりはありません。
決定的な違いは、症状を自覚する時期
五月病はゴールデンウィーク明け、早い人なら4月下旬に自覚しますが、6月病はそこからさらにひと月ほど経ったころに症状を自覚し始めます。
 
症状に気付くのに時間が掛かっている6月病は、それだけ長期にわたってストレスが蓄積されてしまっています。症状がかなり進んで、深刻な状況に陥っている場合もあるでしょう。
 

6月病の主な症状とは

6月病の症状に苦しむ女性6月病の症状は、精神面か身体面のどちらか、もしくは両方に現われることもあります。
大抵の場合は、まず精神面に何らかの異変が現われるでしょう。そこで我慢したり、放置したりすると、身体面にも変化が出始めます。
 
一概には言い切れませんが、我慢強いタイプの人はいきなり身体的な症状が出る場合もあるでしょう。
まずは心に起こる変化・症状を自覚した時点で何らかの対処をする必要があります。

心に起こる変化

「イライラしやすくなった」「落ち込みやすくなってしまった」「つねに焦燥感につきまとわれている」などの変化が心に出始めたら、それは6月病の兆候かもしれません。
 
また、仕事に集中しようとしてもなかなか集中できず、結果的にミスが増えてさらにストレスを感じる…といった負のループに陥りやすいケースもあります。
4月5月とやる気満々で仕事に取り組んでいたのに、「理由もなく急激にやる気がなくなった」場合も、6月病の黄信号が点り始めているでしょう。

身体に起こる変化

身体的な変化としては、「寝付きが悪くなった」「夜中に何度も目が覚める」など、睡眠が思うように取れないことが挙げられます。
熟睡できないことで身体の疲れが取れずに、「朝起きられない」などの症状が出始めるケースもあるでしょう。
 
また、「食欲不振」や「食事が美味しいと感じられない」など、身体作りにとって大切な食への悪影響も。
自覚症状があっても十分なケアせずに放っておくうちに、動悸や頭痛、眩暈、嘔吐などの深刻な症状に悩まされることもあります。
 

6月病が仕事に与える影響は?

6月病で仕事に影響が出ている女性「集中力の低下」が症状として現われたならば、仕事での悪影響は避けられません。
また、心が落ち込みやすく、立ち直り辛いようならば、仕事自体はもちろんのこと、先輩や上司、同僚などと向き合うのも辛くなってしまうでしょう。
 
さらに、「睡眠不足」や「食欲減退」などの身体的な症状が現われたなら、体力もなくなってしまいます。
 
動悸や眩暈などの深刻な症状は、いつ出るかもわかりません。最悪の場合は仕事中に倒れてしまうといったケースもあります。
6月病が仕事に与える影響は計り知れないでしょう。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

 

6月病を放っておくとどうなるの?

症状がまだ軽いうちに然るべき対処をすれば、そのまま回復に向かう可能性は高くなります。
問題は、「自分の甘えじゃないか?」「仕事が忙しくてそれどころではない」と、症状を自覚しているのにもかかわらず放置してしまうことです。
 
6月病の自覚症状が出るころには、既にかなりのストレスを蓄積してしまっています。
症状がひどくなれば「うつ」状態となり、放っておけば「うつ病」を発症してしまいかねません。
そうならないためにも、症状を自覚してからできるだけ早い段階のうちに対処に努めましょう。
 

6月病の予防に努めよう

6月病の予防に努める女性放っておくとうつ病になってしまう可能性もある6月病。6月病になってしまわないように、予防に努めることが大切です。
軽い自覚症状がある時点では、以下の予防法で症状が改善される場合もあります。どれもちょっとした心掛け次第で実行できるものばかりです。
 
また、続けて悪い影響がある方法ではなく、むしろ健康のためには良いこと尽くめなので、6月病の自覚症状がないという方もぜひ実践してみてくださいね。

たっぷりと休養する

多忙は6月病の大きな原因となります。家に帰っても仕事のことで頭がいっぱいだと、ストレスも溜まる一方。なので、オンとオフの区別をしっかりとつけて、休養はできるだけたっぷりと取りましょう。
家に帰ってきたら仕事のことはいっさい考えないようにするのも大切です。
 
身体を休めることも重要ですが、できれば一心不乱になって没頭できるような趣味も楽しみましょう。
夢中になれることがあれば、その時間だけは仕事の事も忘れられるはず。それで頭の中もスッキリとするでしょう。

周囲とのコミュニケーションを大切に

社内でのコミュニケーションも大事ですが、家族や恋人、友人など気のおけない人たちとのコミュニケーションも大切にしましょう。
仕事の愚痴を誰かに話せば、いくらか気持ちも楽になります。
 
社内の人に仕事について相談するのもいいのですが、愚痴や不満はどこで誰が聞いているかもわからないのでなかなか口にできませんよね。
親しい人なら外に漏らすこともないでしょうし、愚痴でも不満でも話すことによって自分の考えが整理できたり、気づきがあったりもしますよ。

適度な運動を習慣付ける

6月病の行き着く先の一つ「うつ病」の治療に有効と言われているのが、幸せホルモンと呼ばれる脳内の神経伝達物質「セロトニン」です。
セロトニンはリズミカルな運動によって増加するとされています。セロトニンは、ウォーキングで増やすことができますよ。
 
また、血流が悪いことで引き起こされる頭痛も、軽い運動を続けることで解消されやすくなるでしょう。
身体を動かせば、気分転換にもなります。時間を見つけて、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動の習慣づけを行いましょう。

生活リズムを整える

休日は疲れ切って昼ごろまで寝ている…なんていうことはありませんか?
休みの日であっても、できるだけ平日と同じような生活リズムをキープしましょう。休みだからといってずっと寝てばかりいると、いざ夜になって眠れないという事態を引き起こす恐れがあります。
 
また、ストレスが溜まると自律神経が乱れやすいうえに、昼過ぎまで寝ることでさらにその乱れを助長させてしまいます。
だるいなと思っても休日も普段と同じような時間に起きて、規則正しい生活を心掛けましょう。
 

6月病になってしまったら…

6月病の自覚症状が感じられたら、まず一番に然るべき医療機関で受診しましょう。
何度もお伝えしているように、放っておくと「適応障害」「うつ病」と診断されるかもしれません。場合によっては、しばらく休職することも視野に入れておきましょう。
 
しっかりと休めばそのぶん回復も早くなります。症状を自覚しながら誤魔化して仕事を続けるよりも、治療に専念して早く仕事に復帰するほうが、あなた自身のためにも職場の人たちのためにもなるはずです。
 

まとめ

6月病を乗り越える女性6月病になりやすい人は、真面目で頑張り屋さんタイプ。一人で極限まで我慢して仕事を続けてきたことで6月病を発症してしまいます。
心や身体に起こる変化は、敏感に察知してくださいね。まだ症状が軽いうちならば、予防法を実践することで改善する可能性がありますよ。
 
6月病になってしまったとしても、自分を責める必要はありません。むしろここまで一人で頑張り抜いてきた証拠ですから、そんな自分をしっかりと労わってあげましょう。
 
【関連記事】
これって五月病?なりやすい人の特徴と防止策、対処方法はこれ!
仕事にどうしても行きたくない!よくある原因と解決方法を伝授!

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

電話占いシエロ(Cielo)は、365日24時間いつでもどこでもご利用可能!

業界随一の厳しい採用基準をクリアした実力派の占い師が多数在籍していますので、復縁や不倫といった恋愛のお悩みから対人関係や家族の悩みなど、さまざまな相談に確かな腕でお応えいたします。

また、初回10分無料サービス、鑑定後のアフターメールも大好評!スペシャルキャンペーンなど、お得な特典も多数ご用意していますので是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。