不倫中の男性がよく言う口癖とは?こんなセリフに騙されるな!

女性に愛を語る男性
不倫中の男性が言いがちな口癖、どんなものかご存知ですか?
相手の女性の心を繋ぎとめるために、心にもないことを平気で言う男性がどんなセリフを使うのか、例を挙げてご説明します。
 

不倫中の男性が言いがちな口癖について

笑顔でしゃべる不倫カップル
不倫中の男性は、相手の女性の気持ちを自分に引きつけておくためにはどんな恥ずかしいセリフでもサラリと言いのけることができます。
 
不倫中の女性にしてみれば、「そんなことはない!彼の言葉は真実!」と信じたい気持ちもあるでしょう。
ですが、大抵の場合は本心ではないからこそ、甘いセリフや普段言えないような恥ずかしいセリフでも簡単に吐けてしまうのです。
 
不倫中の男性のキメ台詞がどんなものか、代表的なものを幾つかお伝えしていきましょう。

妻との関係は冷め切っている

ドラマなどでもよく聞かれる、かなりスタンダードなセリフですね。
このセリフを口癖にしている男性と彼の配偶者は、大体において関係は良好です。不倫相手の女性の同情心を煽って自分に気を持たせるためにこの口癖を口にします。
 
でも、簡単に騙されてはダメ。こういう男性に限って、ちゃっかり配偶者と夜の生活も共にしていますよ。
このセリフを言っていた男性の配偶者がしばらく経って妊娠しているケースも少なくありません。ちゃっかりとやることはやっているのです。

妻のことはもう愛していない

暗い雰囲気のなか話をする夫婦
この口癖もドラマなどでは定石ですね。
配偶者のことをもう愛していないなら、なぜさっさと離婚しないのでしょうか。子どもがいるから?それとも奥様に弱みを握られているから?
 
いずれにしても、配偶者のことをもう愛していないといいつつ離婚もしない男性は、例え不倫相手の女性に本気になったとしても現状を変える勇気は持てないでしょう。
 
この口癖をいう男性と配偶者の関係も、大抵の場合そこまで悪くはありません。不倫相手の女性を安心させるためだけのウソに過ぎないのです。

本気で愛しているのは君だけ

自分の本気度をアピールしてくる男性は、ほとんどそのセリフを伝えている相手に本気にはなっていません。
 
ですが、こんなセリフを何度も口癖のように言われたら、女性ならついつい本気にしたくなってしまいそうですね。
不倫中の男性を愛している女性なら、なおさら信じたくなってしまうのも仕方ないでしょう。
 
本気の男性は本心を軽々しく誰かに伝えることはあまりありません。
なので、この口癖も不倫相手の女性を自分に夢中にさせるための詭弁である場合が多いでしょう。

もっと早くに出会っていれば…

随分と調子のよい口癖ですね。このセリフの裏には「今後、離婚してまで君と一緒になるつもりはありません」という気持ちがどこかにあります。つまりは、どこかに逃げを打っている状態なのです。
 
例えこのセリフを口にする男性が結婚前に不倫相手と出会っていたとしても、結婚まで漕ぎ着けられるかどうかすら怪しいもの。
不倫をする男性は状況が変わろうとその悪いクセはなかなか治りません。不倫相手と結婚したとしても、また別の女性に同じことを言う可能性のほうが高そうです。

もうすぐ離婚が成立する

離婚届と印鑑
絶対にウソです。口癖というからには何度もこのセリフを吐いているということ。
「一体いつになったら、本当に離婚が成立するの?」こう言いたい不倫相手の女性もいるでしょうね。
 
配偶者との話し合いで離婚が成立しそうだというふうに匂わせておいて、土壇場で「子どものことを考えて、やっぱり離婚の話は無くなった」と話をひっくり返してくる可能性大です。
 
「もうすぐ離婚が成立する」と言っておけば、不倫相手の女性も自分の意見を引っ込めざるを得ないという計算のある、とてもズルイ口癖なのです。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

別れるまでもう少し待っていて

不倫相手の女性から「この先どうするの?」と詰め寄られて、とりあえずその場を収めるために口にするのがこのセリフです。
または、「君の気持ちは十分に理解しているけれど、今はどうしようもない」という弱気な気持ちを言い換えるとこのセリフとなります。
 
時間的に猶予を請うことで少しでも不倫関係を長引かせたいという、不倫中の男性の浅はかな考えが表われているようですね。
「別れるまでもう少し待って」そう言われて期待して、何年も待ち続けた女性もいるでしょう。ある意味でかなり卑怯な口癖でもあります。

君といると心が安らぐ

幸せなカップル
不倫中の男性が相手の女性に一度は必ず言いそうなセリフがこれですね。
女性に特別感を持たせて自分に夢中になって欲しいと思う男性がよく口にする言葉でしょう。
 
こんなふうに言われたら、女性ならフラフラっとなってしまいそうですね。女性の母性本能を強く刺激する口癖でもあります。
 
また、暗に「配偶者と一緒にいても自分は安らげない」という意味もこのセリフは含まれているので、「この人が奥さんよりも私を選ぶのは当然だわ」と相手の女性に思わせるように仕向ける意味も持っているのです。

こんな気持ちは初めてor久しぶり

こんなセリフが好きな人の口から出てきたら、これまで以上に夢中になってしまうのも致し方ないかもしれませんね。
ですが、こんな口癖も単に気分が高揚して出ただけに過ぎないのが現実です。
 
ウソでも嬉しい…そんなふうに感じる女性もいるかもしれませんが、結局のところは「だからといって家庭を壊したり、離婚したりはしないよ」という本心が裏にはあります。
 
その場の気分を盛り上げてくれるには素敵な言葉ですが、できればそういうセリフこそ独身の男性にサラッと言ってもらいたいものですね。

君とは遊びではなくて本気

夕暮れ時に見つめ合うカップル
「本気ならなぜさっさと離婚の話を進めないの?」と思わず問いたくなる口癖ですね。
わざわざ「遊びではない」と否定しているところに、不倫中の男性の裏の気持ちが表われています。
 
一つはそこを強調することで、自分の本当は遊びだという本心を誤魔化そうとしている点。
もう一つは遊びではないと否定することで、不倫相手の女性の気持ちを高めようとしているのです。
 
不倫中の男性が口癖にしやすい言葉ですが、しっかりと裏の気持ちを読む必要もありますね。

君の幸せが一番大切

これは相手の女性が独身の場合によく言われる口癖です。
このセリフの後に続くのは大抵の場合「だから、他に好きになった男ができたら自分から離れていってもいいんだよ」といったもの。
 
でもちょっと待ってください!これは完全に女性の罪悪感を煽っているセリフです。
この口癖をよく言う男性は、本音では自分の元から不倫相手が去って行くのを阻止したい気持ちでいっぱい。そして、「自分は離婚を考えていない」ということが前提となっていますよ。
 
女性に自分にとって都合のよい相手で居続けて欲しいという気持ちの裏返しでもあるのです。
 

まとめ

口が上手い男性に冷める女性
不倫中の男性の口癖を幾つかピックアップしてお届けしました。
こういったセリフは、これから不倫に持ち込もうとしている相手にも言ったりします。なので、ついついほだされないように注意しておきたいですね。
 
不倫中の男性の口癖は、大抵の場合自分の保身相手の女性を夢中にさせようとするもの。いつまでも男性の本心を見抜けずにいると、その関係はどんどん泥沼化していってしまいます。
 
不倫関係でも真剣に恋愛しているカップルもいるでしょうが、ほとんどは火遊びの延長です。
不倫相手の言葉だけを鵜呑みにせず、普段の態度やふとした瞬間の言動を見極めて男性の本心を見抜くようにしたいですね。
 
【関連記事】
遊びの不倫?本気の不倫?相手の言葉や行動から読み取る方法
不倫相手を見極めて、関係を続けるか解消するかを考えよう

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

電話占いシエロ(Cielo)は、365日24時間いつでもどこでもご利用可能!

電業界随一の厳しい採用基準をクリアした実力派の占い師が多数在籍していますので、復縁や不倫といった恋愛のお悩みから対人関係や家族の悩みなど、さまざまな相談に確かな腕でお応えいたします。

また、初回10分無料サービス、鑑定後のアフターメールも大好評!スペシャルキャンペーンなど、お得な特典も多数ご用意していますので是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。