不倫をやめたいのにやめられない…やめるために必要なこととは?

不倫をやめたい

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

不倫が長引いてしまう理由

別れたあと一人になるのが寂しい

不倫をやめたいと思っても、行動に移すことがなかなかできないのは大きな問題です。
元より寂しい気持ちをごまかすために始まった不倫であればなおさらでしょう。
不倫相手と別れてしまえば、また一人の日々を過ごさなければならないのか…と気持ちが揺らいで実行に移せなくなってしまいます。

本気になり依存してしまう

女性は男性よりも相手に精神的に依存する率も高く、本気になってしまいがちなことも理由の一つです。
最初は軽い気持ちでも、何度も逢瀬を重ねている間に情も沸いてくるでしょう。気がつけば本気になっていた…ということも多いのです。

会うたびに新鮮な気持ちになる

また、不倫関係では会える日に制限が掛かるので、新鮮な気持ちが長く続くことも理由に挙げられます。
会えない気持ちを堪えてようやく会うことができれば、普通の恋愛や結婚生活の日常などに比べて気持ちの盛り上がりかたも大きく違ってくるでしょう。

「秘密の関係」がクセになる

さらに「秘密の関係」というシチュエーションや非日常的な状況も、気持ちを盛り上げることに一役買ってしまいます。
こういったスリルのある状態を幾度と無く繰り返すことで、一種の快楽にも似た状態を作り出してしまうのです。

甘え甘やかす状況が満喫できる

日常を一緒に過ごす相手ではないことから、男性のほうも女性を甘やかすことに躊躇がありません。普通の恋愛よりもさらに甘い状況を満喫することができてしまうのです。
既婚者は経験も豊富でお金も持っていますから、同世代の男性と恋愛するよりも満足度の高い交際に発展しやすいこともあるでしょう。

 

不倫を止めようと思うきっかけとやめるための第一歩

それでも心のどこかでは「こんな関係がいつまでも続くはずが無い。」「不倫を続けていても自分のためにはならない。」というふうに思ってしまうのは当たり前のことです。
先が見えない状況では不安にもなってしまうでしょう。
 
不倫相手の「そのうち妻とは離婚するから…。」という言葉に、最初は期待を寄せていたかもしれません。
しかし、まったく実行に移す気配が無かったり、いつも口では調子の良いことを言っている様子を見ているうちに信用できなくなってきたりもするでしょう。
 
また、相手の家族のことを考えて良心が痛むこともあるはずです。幸せそうな家族を街で見かけたりすると複雑な気持ちになってしまうこともあるでしょう。
一つの家族の幸せを自分が台無しにしてしまうかもしれない…という恐怖に似た気持ちに襲われるのもとても辛いことです。
 
友だちや親せきの結婚式に出席したときも、「自分にもこんな幸せな時間が訪れることがあるのだろうか…。」と思うと、そんな可能性が低い恋をしていることで、なんとなく空しい気持ちにもなってしまいます。
 
不倫をやめようと思うきっかけは人によって様々でしょうが、まずは不倫相手にそのことを告げなければなりません。
相手が本当にあなたの将来のことを真剣に考えてくれているのであれば、この時点で潔く身を引いてくれるでしょう。しかし、そうは簡単にいかないかもしれません。

 

気持ちが揺らいでしまうときには

不倫をやめたい気持ちが揺らいでしまうときには
女性のほうから別れを切り出されたら、男性はまず慌てるでしょう。そして平気な顔をしてウソを吐き始めます。
「子供が学校を卒業したら、必ず離婚する。」
「離婚届を妻に渡したけれど、話し合いにはならず一方的に用紙を捨てられてしまった。」
あなたを繋ぎ止めるために、やってもいないこと、思ってもいないことをさも本当のように話し始めるでしょう。
 
そこで気持ちが揺らいでしまうのは、やはり女性の弱いところでもありますね。
「もうちょっと待ってみようかな。」
「そんな目にまであって、本当に私とのことを真剣に考えてくれているのかも…。」
でも、そうは思っても、本当は心のどこかで疑ってはいませんか?そしてその直感は大体当たっているのもまた悲しいところです。
 
せっかくやめようと決意したのですから、これ以降はもう少し強行策に出たほうがよいでしょう。
会ってしまったり、相手が連絡を入れてきたりすると、どうしても気持ちが揺らいでしまいますよね。
相手からの電話には出ない、メールにも返信をしないことで連絡を取れなくしてしまうのも一つの手です。
最初のうちは頻繁に連絡がくるかもしれませんが、そのうちに諦めることになるでしょう。
 
仕事絡みでどうしても顔を合わせてしまうような相手であれば、二人きりにならないように気をつけてください。
会ってしまうことで気持ちは揺らぐかもしれませんが、人目があればお互いに慎重にならざるを得ません。

 

不倫をやめるメリットについてしっかり考える

頑張って行動に移すことができても、気持ちのうえではなかなかスッキリと割り切ることができなかったり、後悔の念が沸いてくることもあるはずです。
そこに相手から連絡が入れば、ついまた関係をもってしまう可能性もあるでしょう。
 
きっちりと不倫をやめるためには、不倫をやめて得られるメリットについて考えておくことをオススメします。
明確な利点があれば、気持ちが揺らぎそうになったときに思い留まることができるでしょう。
 
不倫を止めて得られるメリットの大きな特徴は、ストレスから解放されることにあります。
相手になかなか会えないストレスやいつ不倫がバレるかもしれないというストレス、不倫という行為に対する罪悪感からくるストレスは、あなたが想像していた以上に大きいもの。
そういったストレスから解放されることで、気持ちが安定してきます。
 
最初は寂しさを感じてしまうかもしれませんが、それも新しい恋を前向きに探すことでいつしか忘れてしまうでしょう。
堂々とお付き合いできる恋愛の開放感を一度思い出せば、もうあんな辛い日々は御免だと思うようになりますよ。
 
また、友だちとの恋バナも堂々とできるようにもなるでしょう。
不倫をしていることで疎遠になっていた友だち関係も取り戻すことができます。
 
不倫相手に合わせて作っていた時間も、自分で自由にスケジュールを立てるようにもできるでしょう。
勉強にあてたり、恋活したり、趣味に費やすことも自由なのです。

 

決意を貫くためには

不倫をやめる決意を貫くためには
ここまで頑張ってきても、ふとしたことでまた気持ちが揺らいでしまったら…そう考えることもあるでしょう。そのためにもしっかりと予防線を張っておくといいですよ。
不倫をやめることのメリットを考えたのであれば、反対に不倫を続けるデメリットをしっかりと頭のなかに叩き込んでおきましょう。
頭の中で考えるだけよりも、紙に書き出していくことでより一層インパクトが感じられるはずですよ。

明るい将来がなくなると考える

不倫を続けるということは、明るい将来を捨てることにも繋がってしまいます。
結婚ができないこと、子供が持てないこと、子供ができてもシングルマザーになってしまう可能性が高いこと、一生日陰の身で過ごすことなどを一度本気で考えてみてください。

バレたら請求される慰謝料を計算してみる

相手の奥さんにバレた場合に請求される慰謝料の計算をしてみるのもいいですね。不倫は違法行為ですから、それ相応の罰を受けることになってしまいます。
単なる他人事と思えなくなって、気持ちの揺らぎを抑えることができるでしょう。

友達に宣言する

また、友だちに不倫はやめたとハッキリ宣言しておくことも抑止力になりますよ。悩みごとも友だちに聞いてもらうとよいでしょう。

連絡先を変える

まだ何度も相手から連絡がくるようであれば、思いきって連絡先自体を変えてしまうことをオススメします。
そこまでやれば、あなたの決意がいかほどに高いか、不倫相手も理解することができるでしょう。

 

まとめ

不倫が長引いてしまう理由は、お互いに恋愛のいいとこ取りができるからに他なりません。
関係を断ち切ろうという理由は人様々にあるでしょうが、まずは不倫相手にしっかりとあなたの意思を伝えることが大切です。
 
不倫を続けるデメリットや不倫をやめたときのメリットをしっかりと理解しておけば、ヨリを戻すことへの抑止力となってくれますよ。
一度やめると決めたのですから、最後までその意志を貫き通しましょう。不倫相手よりももっとステキな男性と気兼ねのない新しい恋を楽しんでくださいね。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です