離婚の兆候?夫婦のすれ違いが起こる原因と解消するための3つの方法

心のすれ違いに悩む夫婦
夫(または妻)と一緒にいても楽しくない……。最近、なんとなく夫婦関係に「距離」ができてしまったと感じていたらイエローカードのサイン。
 
このようなすれ違いを感じながら微妙な夫婦関係を続けていると、いずれ離婚に繋がる可能性もゼロではありません。
 
事実、すれ違いが原因で離婚を決意する夫婦が増えている世の中。
この離婚という最悪な事態に陥らないよう、なぜすれ違いが起こってしまったのかを理解して解決しなければ、何も変わりません。
 
今回のコラムでは、夫婦のすれ違いが起こる原因と解消法をご紹介します。
 

電話占い10分無料がなんと7人まで相談無料!!

夫婦のすれ違いを放置するのは危険です

離婚の原因に大きく関わる夫婦間のすれ違いの始まりは、ごく些細な事柄がきっかけです。
喧嘩や不満から起こる小さなすれ違いが積み重なり続けているのに見て見ぬ振りをしてしまえば、小さなすれ違いも大きなものへと変化を遂げます。
 
「ちょっとした喧嘩だし」「夫婦だから仕方がない」と放置している夫婦は要注意。気がついたら泥沼にハマったような大きなすれ違いへと変わり、離婚に発展する確率が高まります。
 

よくあるすれ違いの原因

すれ違った夫婦の示す人形
夫婦間のすれ違いとは、具体的にどのようにして生まれるのでしょうか。主な原因を3つまとめてみました。

1. 生活スタイルの違い

ともに暮らしていても、基本の生活スタイルが異なる夫婦は存在します。
 
例えば妻が専業主婦で夫がサラリーマンの場合。職業にもよりますが、仕事が忙しく毎日の帰宅時間が必然的に遅ければ、一緒に食事を取らなくなり会話も減ります。
 
共働き夫婦になると、さらに帰宅時間や休日の予定などが合わずコミュニケーションが不足してしまうのも否めません。
 
このように夫婦2人の時間が共有できないことから徐々に気持ちがすれ違ってしまいます。

2. 価値観や認識の違い

趣味の時間を優先したい、友達と飲みに行きたい、1人で過ごす時間を大切にしたい。
日々の暮らしの中で何を大事にし、どう暮らしていきたいのか、その価値観にズレが生じるとすれ違いの原因になります。
 
「家事育児は女がやるもの」「家事や育児は夫婦で行うもの」という家事や育児の役割分担に関する対立は、価値観のズレの代表的な例でしょう。
 
また、夫婦間での認識のズレが原因ですれ違いを招くことも。
一方が現状をとても夫婦関係良好だと思っていても、お相手は会話がなくて寂しいなど現状に不満を抱いてる場合がその一例です。
 
このように時間や場所を共有していても、2人の認識に差があると後に大きなすれ違いへと発展するでしょう。

3. セックスレス

長い結婚生活からセックスレスになる夫婦は多いものですが、夫婦である限り肌に触れ合うスキンシップは愛情を深める大切な行為です。
それに不満を抱えると離婚へのカウントダウンとなってしまいます。
 
実際にレスが原因で離婚にまで至った夫婦も多数いますから、あまり甘く見ないほうが良いでしょう。
 
【関連記事】
40代夫婦のセックス事情!レスの解消が夫婦仲の改善の鍵?
 

子供の有無によって変わる夫婦のすれ違い方

子供がいる夫婦とそうでない夫婦では、すれ違いのパターンが少々異なります。
 
子供がいる場合、妻が子供に付きっきりになってしまうことで夫が自分に構ってくれないことへの不満を持ったり、子供の教育方針に2人の間で差異が生じたりすることが多いです。
 
関係不和の火種になりやすい出来事が増えることから、子供がいる夫婦はいない夫婦よりもすれ違いが発生しやすい環境になってしまいます。
 
そのため、すれ違いを避けるためにはより意識的に夫婦間での意思疎通を図る必要があるでしょう。
 

すれ違いがもたらす夫婦の行く末

すれ違いの行く先を示す矢印
些細なすれ違いが積み重なった結果、夫婦の関係はどうなっていくのでしょうか?
考えうる3つのケースを確認してみましょう。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

諦めてギクシャクした関係を続ける

まずは、すれ違いを感じつつもどうすることもできないと諦めて、今の関係性をそのまま続けるケースです。
 
現在の家庭環境を変に壊したくない、すれ違いを解決する気力がないなど、お互いが良くも悪くも現状維持を望んでいる場合は、すれ違いが生じたまま惰性で夫婦関係を続けることが多いでしょう。

離婚して1人を楽しむ

すれ違いが増えた結果、離婚して新しい生活へと踏み出すケースも多いです。
夫婦関係としては最悪の結末を迎えることになりますが、ネガティブなことばかりではありません。
 
1人になって寂しい気持ちを味わう人がいる一方で、離婚によって誰にも気を遣わず生活できる解放感を得られたり、自分の思うままに趣味や仕事に打ち込めたりと、充実した暮らしを送ることができる人もいるようです。

関係を修復してさらに仲良しに

2人の関係を修復して、今まで以上に仲の良い夫婦へと進化を遂げるケースも。
 
この場合、なぜ関係が悪化したのか、どうすれば改善できるのかなど、すれ違っている状況に2人できちんと向き合い、話し合って関係改善に向けた努力をすることが必要になります。
 

夫婦のすれ違いを解消する3つの方法

すれ違い解消法のポイント
基本的に、夫婦間のすれ違いの根本にあるのは「コミュニケーションの不足」だと言われています。
そのため夫婦のすれ違いを解消するには、言葉を交わす回数や量を少しずつ増やすどちらか一方ではなく二人で努力する、この2点に注意することが必要です。
 
では、コミュニケーションを増やすための具体的な方法を確認してみましょう。

1. 素直な気持ちをぶつける

すれ違いの解消で最も大切なのは夫婦で話し合うことです。
生活スタイルや価値観の違い、セックスレスについてわだかまりがあれば、その想いを素直に伝えてみましょう。
どの選択が最良であるか、解決策を2人で一緒に考えていくことが必要です。

2. 時間を作る

会話をするためには、誰にもジャマされない夫婦だけの時間を作ることが大切です。週に1度は夫婦の時間があると良いですね。
「忙しい」を言い訳にせず、お互いに歩み寄ってパートナーと一緒にいる時間をできる限り作りましょう。
 
【関連記事】
放っておくと離婚の危機!?夫婦の時間を作る4つの方法

3.「ありがとう」「ごめんね」を伝える

「夫婦だから当たり前」という考えは持たないこと
相手に対して常に感謝の気持ちを忘れないよう、「ありがとう」を積極的に言葉にして伝えてください。
 
そして、相手を傷つける行動を取ってしまったら「ごめんね」と言葉にすること。誠心誠意を込めて謝りましょう。
 

お互いの努力で夫婦のすれ違いを回避!円満な関係になろう

キッチンに仲良く立つ夫婦
日々の生活からちょっとしたボタンの掛け違いで起こる夫婦間のすれ違い。
気心知れた夫婦仲であっても考え方や価値観が異なるのは当たり前です。しっかりコミュニケーションを取り、すれ違いゼロの夫婦仲を目指しましょう。
 
もしすれ違いで辛い思いを抱えているのであれば、第三者に話を聞いてもらうことも一つの手です。
気心知れた友人はもちろん、夫婦のすれ違いについて詳しいカウンセラーや占い師などにも相談してみる良いでしょう。
 
話すことで煮詰まっていた考えがスッキリしたり、客観的な意見が得られて現状を打破するきっかけになったりするようですよ。
 
【関連記事】
【知らなきゃ損】夫婦円満の秘訣5選を紹介します
 
マンネリ夫婦に送る自然にスキンシップを増やすための3つの方法
 
夫婦喧嘩が多い家庭の原因・特徴と簡単に仲直りするための10の方法とは/

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

電話占いシエロ(Cielo)は、365日24時間いつでもどこでもご利用可能!

電業界随一の厳しい採用基準をクリアした実力派の占い師が多数在籍していますので、復縁や不倫といった恋愛のお悩みから対人関係や家族の悩みなど、さまざまな相談に確かな腕でお応えいたします。

また、初回10分無料サービス、鑑定後のアフターメールも大好評!スペシャルキャンペーンなど、お得な特典も多数ご用意していますので是非ご活用ください。