恋愛の駆け引き「押して引く」技の成功法!効果的なベストタイミングはいつ?


片思いの恋愛を成就させるためには、時に恋の駆け引きが必要となります。例えば、好きな男性に夢中になり過ぎていつも押してばかりいては、なかなか2人の関係も進展しません。
これには性別的な理由があると言われており、押されている男性側の心境からすれば、「面白くない」に相当するのです。男性とは「追ってくる女性よりも、なかなか手に入らない女性」に魅力を感じるのがセオリーです。そこで試して頂きたい有効方法が「押して引く」です。一歩間違えると嫌われてしまうというリスクもありますが、うまく関係が築ければかなりのリターンが見込めます。
では、男性がいつも追いかけたくなるような女性になるためには、どうすればよいのでしょうか。上手に駆け引きをして、相手の心を操ると言えば言葉は簡単かもしれませんが、実践は大変難しいものです。
 
今回は恋愛テクニックの基本「押してから引く」の効果と、恋を成功に導く具体的な方法をご紹介します。

 

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

恋愛に駆け引きって必要なの?

そもそも、本当に恋愛に駆け引きは必要なのでしょうか?もちろん、駆け引きをしなくても恋愛が成就するケースも少なくありません。
ですが、すべての恋愛が必ずスムーズに進展するわけではなく、現実には相手の気持ちをうまく惹きつけるためにある程度の駆け引きが必要となります。
ストレートに好意を伝えることも大切ですが、うまく駆け引きすることによって、大きな効果が得られるケースもあるのです。
恋愛における駆け引きというと難しく考えてしまう方も多いかもしれませんが、ちょっとした工夫をしながら会話をするだけでも最終的な結果が大きく変わることもあります。
もちろん、駆け引きがすべてではありません。あくまで、相手との距離を縮めたり関係を発展させたりするための手段のひとつが駆け引きです。なので、駆け引きばかりに夢中になってしまうと、逆効果になってしまう可能性もあります。詳しくは後述しますが、駆け引きをしすぎてしまったために、相手の心を逆に遠ざけてしまうというケースもあるのです。
とはいえ、駆け引きはうまく活用することができれば恋愛を有利に進めることができる可能性があります。
そのため、恋愛に駆け引きは必要といえるでしょう。

 

押す前に相手との距離を縮めよう

冒頭でも触れましたが、恋愛の駆け引きにおいては重要となるのは「押し」と「引き」です。
誰かのことを好きになると、多くの方がまずは押すことを考えてしまうでしょう。ですが、やみくもに押しても意味がないばかりか逆効果になってしまうケースもあります。
押す時に大切なのは相手との距離です。あまりに距離がある状態でいきなり押してしまうと引かれてしまう可能性が高まるのです。
そこで、恋愛対象として押しはじめる前に少しずつ距離を縮めるようにしましょう。
ある程度距離が縮まった状態で押すことによって、ある程度相手をその気にさせることができます。
 
距離を縮めるといってもさまざまな方法がありますが、最初はあまり好意を直接的に感じさせるのではなく、まずは信頼関係を構築することが大切です。まずは自然と会話をすることができる、特別に用がなくてもなんとなくLINEのやりとりをすることができるといった関係を目指しましょう。
好意を伝えることを最初の段階から重視してしまうと「押している」ことになってしまいます。距離を縮めることと、押すことの違いを意識しながら信頼関係を強くしていくことが大切です。

 

押しすぎ要注意!「押して引く」作戦が成功する方法

恋は盲目です。最初はお互いに惹かれ合い、勢いよく盛り上がるものですが、お互いに友達期間を経て恋愛における安定期に入ってきたら、そろそろ「押して引く」テクニックの出番です。では、具体的にどのような方法なら成功するでしょうか。3つまとめてみました。
 

1.急に音信不通にする

ある日を境に突然音信不通にしてみましょう。相手からすればかなり大きな不安となるはず。男性のタイプにもよりますが、音信不通にするタイミングは1・2日間から5日間ほどがベスト。男性側は不安を覚えるだけでなく、あなたを心配してくれるでしょう。恋がこれまで以上に盛り上がるはずです。ただし、十分に相手との距離を縮め、ある程度押してからでなければ効果を得られないばかりか、恋愛対象から外されてしまう可能性もありますので注意が必要です。ポイントとしては、毎日LINEやメールなどのやりとりをすることが当たり前になったタイミングで音信不通にすることを意識しましょう。
また、相手の性格によってはあまり頻繁に音信不通になっていると不信感を抱かれてしまう可能性もあります。加えて放置されていると感じて、せっかく盛り上がった気持ちが冷めてしまうというケースもあるようです。なので、相手の性格をしっかりと考えた上でこの作戦は実行するようにすべきでしょう。
相手の気を惹くために有効な作戦ではありますが、リスクも頭に入れておくことによってさらに効果的に活用することができます。

2. ラインやメールの返信を遅らせる

もはや王道の恋愛テクニックとして知られているのがこちら。実際に実行したことがあるという人も多いのではないでしょうか。最初のうちはラインやメールでのやり取りをテンポよく行い、ある日ある時から急に返信を遅らせると効果的だと言われています。「なにか失言したかな?」「返信できない事情があったのかもしれない」など、男性側も不安になり、結果としてあなたのことを考える時間(=あなたに使う時間)が増えるのです。この不安こそが恋を盛り上げるスパイスだと言えます。
しかし、相手が短気な人の場合はこの駆け引きは逆効果になってしまうことがあります。人によっては返信が遅いことによってストレスやイライラを感じてしまうこともあります。結果として、やりとりをするのが面倒に感じられてしまうのです。
そこで、返信を遅らせた後の相手の態度や様子などをしっかりと確認するようにしましょう。返信を遅らせたあとの態度がそっけなかったり、テンションが下がっているようであれば、この作戦は使わない方がいいかもしれません。
 
話が盛り上がっているタイミングで返信を遅らせてしまうと関係を進展させるチャンスを失ってしまう可能性もあります。なので、話の流れを変に途切れさせないことも意識する必要があります。
この返信を遅らせるという作戦は、前述の通り王道の恋愛テクニックのひとつです。ですが、まだ相手のことをよく知らない段階で実行することには多少のリスクもあります。必ずこの点は頭に入れておくようにしましょう。

3.デートの誘いを断る

男性からのお誘いを断ることで気を引こうとする「引く」方法も有効的です。もし、相手の男性が「僕のことに夢中だから断るはずがない」と思っている場合、断られた時のショックは意外と大きいものです。なお、男性によっては断られただけでひどく心が折れてしまう人もいまます。断る際は、残念そう・悲しそうな顔や表情を見せてあげることも忘れずに。「またの機会にぜひ誘って」と笑顔で軽く伝えることが大切です。
ただし、デートは2人の関係を縮め、関係を発展させるための大きなチャンスのひとつでもあります。場合によっては、デートの誘いを断られたことで「脈なし」と判断されて別の女性を誘ってしまう可能性もあるでしょう。また、恋愛にあまり積極的ではない男性の場合、一度断られてしまうと、もう誘いにくくなってしまうというケースもあり、結果として関係の進展を妨げてしまう可能性すらあるのです。
こういったリスクもあることから上級者向けのテクニックといえます。誘いを断ったあと、相手から音沙汰なしになってしまった場合、今度はこちらから誘うことも視野に入れた上でこの作戦を実行する必要があります。
本当にチャンスだと感じたのであれば、引くのではなくそのまま押してしまった方が効果的なケースもありますのでしっかりと考えるようにしましょう。

 

「押して引く」作戦が失敗する場合

恋愛の駆け引きにおいて「押して引く」ことはとても効果的です。しかし、使い方を間違えると失敗してしまうこともあります。そこで、ここでは「押して引く」作戦が失敗するケースをご紹介します。

過度な駆け引きをする

駆け引きは恋愛を有利に進めるためのものです。ですが、過度になると相手を疲れさせてしまう可能性があります。「押して引く」にしても、過剰に繰り返されることで「振り回されている」と感じさせてしまいます。相手の反応が薄いからといって駆け引きが過度になってしまうと、逆効果になりますので注意しましょう。
あくまで駆け引きは、恋愛を成就させるための手段のひとつであると考えることが重要です。駆け引きをすること自体が目的になってしまわないように注意しましょう。
 
加えて、駆け引きの効果を確認せずに次のアクションに入るのもNGです。駆け引きの方法によっては効果が得られるまでに時間がかかるケースもあります。そもそも、ある程度の時間を置かなければ効果が出ないこともあります。そこで、焦って次のアクションに出てしまっては駆け引きをした意味がありません。こちらの気持ちが伝わらず、空回りしてしまうだけでなく相手に変なプレッシャーを与えてしまうこともあります。
 
恋愛において駆け引きは必要ですが、何事も過度になってしまっては逆効果です。できるだけ心に余裕を持って駆け引きをすることが大切です。

早すぎる駆け引き

まだ相手と距離があるのに無理に押す、まだ押しの効果が出ていないのに引いてしまうなど、駆け引きが早すぎると十分な効果が得られません。前述の通り、十分に距離を縮めることができていないのに押してしまうと引かれてしまいます。また、早いタイミングで引きすぎてしまうと恋愛対象から外されてしまうだけです。
いずれにしても、駆け引きをするのは少なくとも相手にとって恋愛対象に入っている必要があります。それ以前の段階でどんなに押したり引いたりしても十分な効果を得ることはできません。
駆け引きは十分に相手を惹きつけてからです。

引きすぎてしまう

引きすぎてしまうことで失敗してしまうケースも少なくありません。音信不通になる期間が長すぎる、デートを毎回断り続けるなど引きすぎると「脈なし」と思われて恋愛対象から外されてしまうのです。
まったく引かないと駆け引きになりませんが、引きすぎにも注意しましょう。
引きすぎてしまうことを防ぐために、引く前に押すこと、あるいは引いた後には必ず押すことを意識するようにしましょう。そうすることで、引きすぎて失敗してしまうリスクはかなり低くなります。

 

恋愛の駆け引きで「押して引く」ことの効果


いつも自分から積極的に押している恋愛が多い場合、相手の男性は「自分は好かれている」と都合のよい解釈をしてしまいます。男性を安心させてしまうと、恋愛に対して男性の気持ちが高まらなくなる可能性もありますので持ち上げ方は注意しましょう。
 
恋愛において「不安」というスパイスは2人の距離を縮めるきっかけにもなります。「彼女から嫌われてしまったかな?」「このまま付き合っていけるのかな?」など、揺れ動く不安な気持ちがある方が恋は盛り上がります。ある日突然、うまくいっていたはずの女性と連絡が取れなくなったり、素っ気ない態度をとられたりすると、焦った男性は、女性のことが好きだということを改めて気づくはず。今まで以上に恋の盛り上がりを期待できます。

 

失敗しないためのベストの引くタイミングとは?

「押して引く」を失敗させないためには、タイミングが重要です。好きな人とある程度仲良くなれるまでは、自分からアプローチを仕掛けていくことが必要。ラインや電話で積極的に連絡を取り合い、男性にも安定した恋愛関係であることを感じてもらいましょう。
そして注目すべきは「引くタイミング」。2人の関係が定着してきた頃です。男性がすっかり安心しきっている状態を見計らって、女性からの連絡が突然来なくなると不安に晒されます。安心してはダメだという現実と向き合うことで、改めて手放したくないと愛情が豊かになるでしょう。
また、注意して欲しいのが駆け引きが通用するか否かの判断。基本的に2人がお互いに好意を感じて本格的に仲良くなってからの話です。引いてみたけれど、そのまま自然消滅してしまった……なんてことにならないよう気を許さないように意識してください。楽しい恋愛期間に「引く」という行為は気が進まないかもしれませんが、恋愛上手な人は意外と冷静にこなしているようです。
 
いかがでしょうか。2人の関係を進展させたいなら「押して引く」という方法も選択肢のひとつ。とはいえ、駆け引きに頼り過ぎてしまうのはNGです。上手に活用して恋愛上手を目指してくださいね。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます