不倫の境界線ってどこから?法的な定義や許される境界線までご紹介

既婚男性に恋をした女性にとって「よくある悩み」とされるのが、不倫の境界線。どこから不倫になるの?と気になる方も多いのではないでしょうか。
不倫というイレギュラーな恋に本気でハマる前に、法律的な定義など自分にとって有益な情報を知っておいて損はありません。今回のコラムでは、不倫に関する法律的な定義と境界線について、リアルな体験談やコメントとともにお届けします。


 

不倫の法律的な定義について

不倫に対する感覚は人それぞれ異なるものですが、きちんとした定義を知るときに確認しておきたいのが法律です。法的に不貞行為ではないとしても、場合によっては不倫として認められるケースもあります。ですが、法的な線引きを知っておく必要はあるでしょう。
 
それでは具体的にどのような関係が不倫にあたる可能性があるのかを具体例と共にご紹介します。

いちゃいちゃする関係

線引きが難しいのが、「肉体関係はないもののいちゃいちゃする関係」です。具体的には手を繋いだり、ハグをしたりといった関係の場合、不倫になるのでしょうか?
不貞行為の判断基準は基本的に肉体関係があったか否かにあります。そのため、手を繋いだりハグをしたりという関係であっても肉体関係がなければ法的には不貞行為にはあたりません。ですから、単に異性と2人きりでいるところを見られたとしても不倫の証拠としては十分とは言えません。

一緒に食事をする

行動に対する受け取り方は人それぞれですが、一緒に食事をする程度の関係であれば法的には不貞行為にはなりません。友人同士や仕事関係などで食事に行くことは日常で十分にあり得ることであるためです。
たとえ、好意を持って一緒に食事をしていたとしてもそれだけでは不貞行為にはならず、感情の面は立証が難しいこともあります。これだけでは不倫にはあたらないと考えていいでしょう。つまり、極端に頻繁に一緒に食事をしているといったケースでもない限り、異性と一緒に食事をしただけで不倫を疑われるケースはそれほど多くはありません。

キスをする

特別な関係でなければ異性とキスをすることは常識には考えにくいため、不倫が成立すると思われがちです。しかし、法的に考えるとキスは肉体関係には入りません。そのため、配偶者以外の異性とキスをしたとしても不貞行為にはあたりません。
あくまで法律上の話ですが、異性とキスをしている写真のみでは不貞行為の証拠としては不十分とされる可能性が高いと言えます。とはいえ、キスまでしてしまうと一般的には多くの方が不倫の疑いを抱くものです。そのため、不貞行為の決定的な証拠にはならないとしても、心証的には不利になってしまうという点は頭に入れておくべきでしょう。
 

肉体関係があっても不倫と見なされない場合

前述の通り、法的には配偶者以外の異性と肉体関係を持つと基本的に不貞行為、つまり不倫とされます。
しかし、例外的に肉体関係があっても不倫とみなされないケースもあります。

夫婦関係が破綻している

すでに夫婦関係が破綻している場合は、別の異性と肉体関係を持ったとしても不倫とはみなされないケースがあります。具体的には、長期にわたって別居している、セックスレスなど明確な理由があり、夫婦関係が破綻している場合は不貞行為には該当しないのです。
とはいえ、一時的な喧嘩や家庭内別居などでは完全に夫婦関係が破綻していると認められないケースがありますので注意が必要です。単に気持ちが冷めてしまっているといった理由で他の異性と関係を持ってしまったとしても、夫婦関係が破綻しているとは認められず、不倫になってしまう可能性が高いのです。

レイプ

脅迫やレイプなどによって肉体関係を持った場合も不定行為ではありません。不貞行為にあたる肉体関係は自由意志に基づくものであった場合です。そのため、本人の意思に関係なく持った肉体関係は不倫にはなりません。
 

女性が考える不倫の境界線とは?

法的な不倫の定義については上記の通りですが、心情的な話は別です。
「不倫になるかもしれない」「不倫になってしまった」今まさにこのような状況の渦中にいる女性にとって、どこまで不倫相手に踏み込むのか悩んでいる場合、「食事まで?」「お泊まりまで?」「身体の関係もあり?」と不倫の境界線について考えることでしょう。
ここでは、実際に不倫をしている女性の意見をまとめてみました。

最後までしたら

「肉体関係を持ってしまったら不倫だと思います。そこまで行かなければ不倫ではないと思っています。」(28歳/アパレル)
 
このように最後まで……つまり肉体関係を持つと一線を越えてしまうと考えている女性が多いようです。不倫であるという意識を持ちながら食事や飲みに行く程度であれば、セーフと考えている女性が多い傾向にあります。

キスをしたら

「たとえ肉体関係はなくても、キスをしたらその時点で不倫だと判断します。だって、キスをするということは特別な関係だと思うので。」(31歳/主婦)
 
キスは法的には不貞行為にはあたりません。ですが、先ほどもお話した通り、常識的に考えて特別な関係でなければキスをすることはありません。そのため、キスまですると不倫と考えている女性は多いようです。

好きになったら

「デートやキス、肉体関係などいろいろあっても、最終的に心の問題だと思います。つまり、本気で相手のことを好きになったかどうかが不倫の境界線だと思います。」(36歳/OL)
 
不倫の境界線にはさまざまな考え方がありますが、最終的には本気で好きになってしまったら不倫だと考えるケースもあるようです。
もちろん、法的には肉体関係があれば不貞行為となります。逆に肉体関係がなくても恋愛感情を抱いてしまったらその時点で不倫とみなされる可能性もあるのです。
 

不倫している女性が考えるOKライン

多くの方が不倫は悪いことだと理解しています。しかし、不倫のOKライン人によって異なっています。
そこで、不倫している女性が考えるOKラインはどこなのかご紹介します。

食事をする仲

「本命の彼とは遠距離恋愛中なので、ちょっとした暇つぶしで年上男性と不倫中です。相手の家庭を壊すまではしたくないから、不倫の彼とは食事や飲みに行くくらいです。」(25歳/金融)
 
一緒に食事をする程度であれば、多くの女性がOKラインだと考えているようです。そもそも、食事程度であれば友人や職場の同僚と一緒に出かけたとしても不自然ではありません。
とはいえ、食事だけでも不倫だと感じられてしまうケースもありますので注意が必要です。あなた自身が異性と食事をする程度であれば問題ないと考えていても、パートナーは浮気だと判断するというケースもあります。食事程度では法的な浮気の証拠として認められるケースは多くはありません。しかし、パートナーとの関係が悪化する可能性は十分にありますので注意が必要です。

キスをするまで

「結婚して10年以上。優しい夫とかわいい子どもがいます。本当に問題のない普通の家庭ですが、私にとって毎日が退屈で刺激がない……。そんな私の楽しみがパート先の年下男性とキスすること。これ以上相手に求められたら、さすがにマズいかな。」(35歳/パート)
 
キスまではセーフだと考えている女性も多いようです。世間的にはキスまでしてしまうと不倫だと考えられてしまうケースも多いですが、前述の通り法的には不貞行為にはなりません。そのため、キスまではセーフだと考える女性も多いのです。ですが、法的に不倫にはならないとは言っても、パートナーにバレてしまったら浮気だと思われて当然の行為でもあります。人によっては、ちょっとしたデートや食事まではOKでも、キスをすることで一線を越えたと考えられるケースも少なくありません。そのため、現在の家庭にある程度満足しており、その幸せを壊したくないと考えているのであればキスをするという関係はリスクが高いと考えるべきです。

バレたら離婚を覚悟する人まで

「不倫をしています。お互いに出会うのが遅かったと考えており、本気です。社会的には許されませんが、相手の奥さんに慰謝料を請求されても、2人で結婚しようと話しています。」(29歳/公務員)
 
不倫をしているリアルな女性意見をみると、軽い遊びだと捉えている人もいれば、真剣に恋愛している人もおり、目的によって感覚が違うようです。
 
法律の定義によると、既婚者と友人以上の関係を結べば不倫とみなされます。ただし、不貞行為に該当するかは「性行為やそれに準じた行為」があるか否かで決まります。
刺激的で燃え上がりやすい不倫は、ほんのわずかなきっかけで泥沼に陥るハイリスクのある行為です。現在進行形で不倫中という方は、自分自身が不倫相手に何を求めているかを明確にした上で、2人の関係に線引きができるよう考えてみてください。現実として、不倫相手と最終的に結ばれて幸せになれるというケースはあまり多くはありません。不倫が原因で離婚するとなれば、自分自身でなく不倫相手も慰謝料などの請求を受けることになります。そのため、不倫によって幸せになるには高いハードルがあることは必ず頭に入れておく必要があるのです。
こちらは不倫に本気になって離婚したとしても、相手にとっては遊びに過ぎなかったというケースもあります。そうなってしまうと、自分の将来の幸せを壊すだけになってしまうのです。ですから、浮気相手に本気になってしまう前に「本当にこれでいいのか」を考える必要があるでしょう。
 

不倫相手の関係をどうするか見極めよう

不倫をすることには、配偶者や本命のパートナーとの関係を壊してしまうのみでなく、慰謝料などを請求されるリスクもあります。それでも、何かのきっかけで不倫関係を持ってしまう可能性はゼロではありません。
自分は絶対不倫をすることはない!そんな風に考えている人に限って、不倫関係に夢中になってしまうというケースも少なくありません。どんなに仲のいい夫婦やカップルであっても、関係がマンネリ化してしまったり、嫌な一面を知って幻滅してしまたりすることはあります。そんなタイミングで魅力的な異性が現れたら、つい流されてしまうのは不自然なことではないのです。
結果として、不倫相手との関係をどうすべきなのか思い悩むことになってしまいます。不倫はパートナーへの裏切り行為であり、一般的には歓迎されるものではありません。そのため、誰にも相談することができずに1人で悩み続けてしまうというケースも多いようです。
そこで、今後自分がどうしたいのかをしっかりと考えた上で不倫相手との関係をどうするのかを見極めることが大切です。本当に自分が幸せになるためにはどんな選択肢を選ぶべきなのかをじっくりと考えるべきなのです。
今回ご紹介した実際に不倫をしている女性の意見なども踏まえて、一度考えてみましょう。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます