復縁したのにうまくいかないのはなぜ?原因や復縁を成功させるポイントを解説

ソファに座る男女

「念願だった復縁を叶えたというのに、幸せどころか何故か2人の間には再び不穏な空気が漂ってしまっている」そんな悩みを抱えているカップルも少なくないのではないでしょうか。
 
思い描いていたような幸せな日々とは程遠く、このままではまた別れ話に発展してしまうかもしれないと内心穏やかでない人に、復縁してもうまくいかない原因とその改善方法をご紹介します。

復縁してもうまくいかない原因

別れてからずっと願い続けていた復縁でも、いざ復縁してみると「思っていたより幸せを感じられない」という人は少なくないはずです。あんなに願っていた復縁なのに、どうしてうまくいかないのでしょうか。
 
実は、復縁がうまくいかないのにはいくつかの理由があります。典型的なパターンを複数ご紹介しますので、参考にしてみてください。

前回別れた原因がまだ解消されていない

別れた時の原因がまだ解決されていない場合、復縁をしてもうまくいかないことが考えられます。
 
例えば、浮気性な相手と復縁したところで、相手が未だに異性と連絡を取り続けていた場合、結局は同じ理由で喧嘩が始まってしまいます。最終的には再度の別れの原因にもなってしまうでしょう。
 
復縁する前に、前回別れた時の原因が改善されているかどうか、一度壊れてしまった信頼関係を修復できる状態かどうかなどを確認することは、復縁を長続きさせるために重要なポイントとなります。

一時的な感情や衝動的な行動がきっかけで復縁した

幸せそうな友人カップルを見たり、季節のイベントが多くなったりすると、寂しさを覚えてしまうのは仕方がないと思います。ですが、その寂しさだけを理由にして復縁をしてしまうと、相手を好きで復縁をしたというよりも、寂しさを埋めるためという利己的な理由で復縁したことになりますから、長続きさせるのは難しいかもしれません。
 
今まさにうまくいっていないという人は、何故復縁したかったのかを一度冷静になって考えてみましょう。

相手の嫌なところが目についてしまう

苦労して復縁したにも関わらず、相手の嫌なところばかり目についてしまう場合は、二度目の別れが怖いばかりに気持ちがマイナスに傾いてしまっていることが考えられます。たとえ交際相手が以前と同じであっても、復縁後の恋愛は前回の恋愛とは違うものだと意識するようにしましょう。

復縁に向いていない人の特徴

悩む女性たち

復縁してみたものの、2人の関係がうまくいっていないという人は、復縁に向いていないタイプかもしれません。自分に当てはまることがないか、確認してみましょう。

過去を美化する人

前回付き合っていた頃も喧嘩やトラブルはあったはずなのに、すっかり忘れてしまってはいませんか?過去を美化してしまう人は、そういった悪い部分を忘れてしまい、楽しかったことや、素敵な思い出ばかりを思い出して、実際よりも素晴らしい関係であったと勘違いしてしまうことがあります。
 
そうなると、いざ復縁をしてみても思い描いていたような理想的な関係とは違い、些細なことが気になってしまうため、復縁してもうまくいきません。過去にあった良い思い出も、悪い思い出も、正しく認識するようにしましょう。

恋愛至上主義で依存しやすい人

もう一つ、復縁に向かないタイプの人として恋愛至上主義で依存しやすいタイプの人が挙げられます。常に誰かに依存していないとダメなタイプは「一人になりたくない」という一心で復縁に走ります。またそういった依存体質の人は、愛情が重くなりやすく、相手の負担になることが多いため、復縁してもなかなかうまくいきません。
 
恋愛は相手に依存せず、自立ができてこそ、対等で良い関係が築けるものです。先ずは、恋愛以外にも打ち込めるような趣味を見つけるなどして、相手に依存しないようにしてみましょう。

復縁後幸せになるためのポイント

海辺を歩く男女

せっかく復縁できるのであれば、次こそは幸せになりたいですよね。復縁後幸せになるためには、いくつかのポイントがありますので、参考にしてください。

十分な冷却期間をおく

別れてから短期間で復縁してしまうと、別れの原因となっていた事が解決していなかったり、未消化のままになっていたりします。その場合、同じようなことが原因でまた別れ話に発展し、別れたり復縁したりを繰り返してしまう恐れがあります。
 
復縁したいという気持ちを優先するよりも、十分な冷却期間をおいて、冷静に2人の関係を考えられる状態になってから復縁を決めましょう。中には一度別の人とお付き合いをして、改めて元カレ・元カノの良さに気が付いたという人もいますから、長い時間をかけた方がより冷静に考えることができるといえます。

前回付き合っていたときのことは水に流す

別れるきっかけとなったことに対してまだモヤモヤしていたり、許せないと思っている場合は復縁するのに良い時期とは言えません。
 
復縁するからには、前回付き合っていたときのことは水に流す気持ちで復縁しましょう。復縁後に前回付き合っていたときの不満をぶつけると復縁はうまくいきません。復縁しても再び別れてしまうカップルは、前回付き合っていたことを蒸し返して喧嘩してしまうことが多いようです。
 
復縁をするのであれば、前回付き合っていたときのことは全て水に流せるという心境になってからにしましょう。

自分が変わる努力をする

前回付き合っていたときに、どうしても曲げられないことがあり、それが原因で喧嘩になってしまった場合は、もう少し考え方を柔軟にする必要があるかもしれません。相手を変えることばかりを考えず、自分が変わる努力をすることも大切です。納得できないことは、きちんと2人で話し合い、どうすれば2人にとって無理なく受け入れられるかを見つけましょう。
 
自分の意見を押し通してばかりでは、交際はうまくいきません。お互いがお互いを尊重し、折り合いをつけていくことで良い関係を築くことができます。

適度な距離感で信頼関係を築く

一度別れてしまったことが後を引き、また別れてしまうのではと不安が大きくなると、2人の気持ちのバランスが取りにくくなってしまいます。別ればかりを気にして相手を縛り付けるようなことをしては逆効果です。不安な気持ちを相手に押し付け、相手をコントロールしようとすればするほど、相手からは「重たい」と思われてしまいます。
 
まずはお互いに独立した大人であることをよく理解して、適度な距離感を維持するように心がけましょう。そうやっていくことでお互いに信頼関係がうまれ、復縁後もきっとうまくいくことでしょう。

それでもうまくいかない場合は、一度占いを試してみては

難しいと言われている復縁を果たせたのですから、復縁後は絶対に幸せになりたいですよね。ですが、2人の関係を良いものにしようと努力をしてみても、やっぱりうまくいかないという状況も時にはやってきます。
 
そんな時は、思い切って占いを試してみるのも良いでしょう。友達に相談してみたり、ネットで検索してみたり、色々やってみたけれど、納得のいく結論に辿り着けなかったという人には特におすすめです。
 
占いといっても、「相談をするだけ」など気軽に受けてもらえるものも沢山あります。第三者に話を聞いてもらうだけで気持ちも軽くなるのではないでしょうか。今までにない視点で良いアドバイスがもらえるかもしれませんよ。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です