婚約破棄から復縁はできる?復縁前に考えるべきことや復縁方法をご紹介

割れたハートと指輪

「大切な人と将来を誓い合い、幸せな未来を思い描いていたはずが、婚約破棄で全て白紙に戻ってしまった」そんな状態でも、諦められずに復縁を願っている方は、あなただけではありません。
 
運命の相手だと確信し幸せな結婚生活をはじめたはずなのに、さまざまな事情で婚約破棄という結論に至ることもあるでしょう。しかし、どちらかにまだ未練があったり、不明確な理由で破棄に至ったりした場合には復縁を考えることも珍しくはないはずです。
 
今回は復縁をする前に考えるべきことや、復縁するための方法をご紹介します。

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

婚約破棄に至る原因とは

生涯を共にするという一生に一度の約束をしたのにも関わらず、それを覆し婚約破棄という結論に至るということは、相当な理由がなければありません。それでも婚約破棄に至ったというカップルには、どのような原因があるのでしょうか。

浮気などによる信頼関係の崩壊

まずは、浮気などにより互いの信頼関係を大きく傷つけた場合、婚約破棄に至る原因になるといえるでしょう。
 
結婚をすれば、夫婦間には貞操を守る義務が発生しますが、結婚を前提としている婚約期間中に浮気をしたとなれば、今後夫婦としてやっていくことも当然難しいと考えるのが普通です。一般的にも婚約期間中の浮気は婚約を破棄する正当な理由とされています。互いの信頼関係なくして、夫婦関係は成り立たないということです。

マリッジブルー

結婚が決まると陥ってしまいがちなマリッジブルーもまた、婚約破棄に至る原因となることがあります。結婚という人生で幾度もない決断を前に、「本当にこの人で良いのだろうか。この人と家族になっていけるだろうか」という気持ちが芽生え、その感情が大きくなると婚約破棄をしてしまうことになります。
 
このようなマリッジブルーは、例えば結婚式の準備に対する温度差であったり、相手の家族との相性であったり、生活習慣であったり、様々な原因が合わさって起こります。人生で最も大きな決断ともいえる場面ですから、ギリギリになって自信を失くし、婚約破棄をしてしまうというパターンもあるのです。

復縁する前に考えるべきこと

困り顔の女性

婚約破棄はただの恋人と別れるのとは大きく違います。相手や自分の家族、会社の人、友人たちにも大きな影響を与えます。それを考慮してもなお婚約破棄をするに至ったというのであれば、別れることへの決断は固いものであり、復縁を望むことはかなり厳しい状況であることは明白です。
 
復縁をする前にいくつか考えておくべきポイントを抑えておきましょう。

復縁したい理由はなにか

婚約破棄は大きな決断です。結婚式場をキャンセルしたり、周囲に事情を説明したりと、その後処理は金銭的にも精神的にも大きな負担となります。そこまでしても婚約破棄をしたのに、更に覆したいのはどうしてでしょうか?
 
もしそれが単純に、世間体を気にしただけの理由や、見栄であったり、自分が恥をかかないためであったりするならば、復縁しても幸せな結婚生活を送れるとはいえません。相手のことを好きで、一緒に幸せになりたいと思う気持ちがなければ、復縁をしても幸せになれるとはいえないでしょう。

婚約破棄の原因を解決できるのか

婚約破棄から復縁するのであれば、婚約破棄に至った原因を解決できたのか、または解決できるものなのかが重要になります。
 
例えば、相手の浮気が原因であった場合、相手をまた心から信用できるでしょうか?またその逆に自分の浮気が原因だった場合、相手にまた信用してもらえるような自分でいられるでしょうか?その他にも、相手の些細な生活習慣が気になってしまったという場合も、それを許容できる余裕を生涯持ち続けられるでしょうか。
 
復縁したい気持ちが先行して、そういった部分を具体的に解決できないまま復縁しても、おそらく同じことの繰り返しになるでしょう。今一度冷静になって考える必要があります。

婚約破棄からの復縁を成功させる方法

婚約破棄という大きな決断を更に覆す復縁は、簡単にはいかないことは確かです。それでも復縁を望み、成功させたいと願っているのであれば、次のポイントを押さえるようにしてください。

気持ちを整理するための冷却期間を置く

結婚を約束したにも関わらず、それを白紙に戻すということは、破棄される方にとっては非常に大きなショックです。また、婚約破棄を口にした方も、もしかしたらその時は冷静でなかったのかもしれません。
 
まずは、2人の気持ちを整理するために相当の冷却期間を置くべきといえるでしょう。人生がうまくいっていないと感じている際の決断は正しいものではなかったりしますから、一度冷静になり、客観的な視点を持てるようになってから、復縁について再考しましょう。

冷静に話し合いをする場を設ける

復縁するかどうかは、2人でよく話し合って決めなければなりません。その際に感情的になってしまうと、うまくいく話もうまくいかなくなってしまいますから、必ず冷静に話し合いができる場を設けるようにしましょう。
 
できれば事情を分かっている友人や家族に同席してもらう方が安心です。第三者がその場に居れば、感情的になって喧嘩になる可能性も低くなり、建設的な話し合いをすることができます。大事なことは、あくまで冷静に話し合いをすることです。

復縁からの結婚を考えている場合の注意点

婚約破棄をした相手と復縁をするとなれば、再度結婚についても考えると思います。復縁した相手と結婚をする場合に、気を付けるべき点はどのようなものがあるのでしょうか。

両親が持つ印象が悪くなっていないか確認する

結婚は家族と家族の結びつきです。婚約にあたっては、互いの両親も紹介したでしょう。元々婚約破棄をしたという時点で、両親の印象はあまり良いものにはなっていません。更に婚約破棄の原因が片方にあり、それが両親にも伝わっていた場合は、両親の持つ印象は悪くなっている可能性が高いでしょう。
 
両親を含め、家族の応援は将来の結婚生活にとても重要なものです。幸せな結婚生活にするためにも、両親の印象は悪いままにしない方が良いでしょう。

婚約破棄したときに周囲に当たり散らさない

婚約破棄のショックで精神的に不安定になり、周囲に当たり散らしたりはしませんでしたか?周囲に当たり散らせば当たり散らすほど、周りへの影響が大きくなり、復縁した際に顰蹙をかってしまう可能性があります。
 
どんなに辛くても周囲を振り回してしまうような振る舞いはせずに、真摯に復縁に向き合うことで、周りからも応援してもらえるようなカップル・夫婦になりましょう。周囲の支えは、幸せな結婚に欠かせないものです。決しておろそかにしないように気を付けましょう。

復縁してうまくいくか、一度占ってみては

婚約破棄という大きな困難を乗り越えて、また幸せな日々を取り戻したいと願っていても、いざ復縁してうまくいくかどうかは分からないですよね。大変だった婚約破棄を乗り越えて、できればもう辛い思いはしたくない、幸せになりたいと思うのは当然です。
 
そんな時は、一度占いに頼ってみるのはいかがでしょうか。「復縁すべきか、しないべきか」などの明確な疑問を投げかけてもいいですし、漠然と「どうすれば幸せになれる?」というような相談をするのもいいでしょう。
 
相手との本当の相性や、復縁に最適なタイミングなど、友達に相談するのとはちょっと違ったアドバイスがもらえますから、是非一度試してみてくださいね。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です