社内不倫のきっかけは?職場での浮気の見破られ方、リスクも

「職場不倫を始めたけど、周りにバレないか不安」「もしかして、周りに2人の関係を知られているかも…」家族や恋人に内緒の関係を築いていくと、周りの目が気になり、常に不安がつきまといますよね。特に職場となると、なおさら心配です。

今回のコラムでは、職場不倫にはまりやすい女性の特徴や見破られ方、バレたときのリスクを、具体例を挙げてご紹介します。

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

社内不倫が始まる理由

社内不倫は、どのようにして関係が発展するのでしょうか。まずは社内不倫が始まるきっかけについて、いくつかの事例をもとにご紹介します。

家族より一緒にいる時間が長い

会社勤めをしている以上、1日の半分近くを会社で過ごすため、会社の同僚と一緒にいる時間が家族よりも長くなります。同じ時間を共有するほど、他人に好意を持つ機会が増えるので、自然と恋人関係になることも考えられるのです。

単純に朝から夜まで一緒にいることも多く、部署が一緒の場合や席が近い場合、業務上のパートナーである場合などはとくに親密な関係になりやすいでしょう。

2人きりでご飯や飲みに行く

お昼休憩のランチや仕事終わりのディナーなら、通常のデート比べて2人で気軽にお店へ行けます。特に夜の時間帯は、仕事終わりの解放感で会話も弾み、良い雰囲気になることも多いでしょう。

あえて誘ったり誘われたりというのが不自然に感じるかもしれませんが、「仕事の相談がある」「仕事がひと段落したから飲もう」などといって2人きりで居酒屋やご飯屋さんに行くことは珍しいことではないでしょう。

残業で2人きりになる

仕事が忙しいとき、残業で2人きりになる機会があります。仕事の内容や息抜きなど2人でコミュニケーションを取ることも増えるので、仕事が終わって食事に行ったり、相手に好意を持ったりして恋愛関係に発展する可能性があります。

とくに難しい作業をしている時や佳境に入ったときなど、お互いのみが頼れる状況になるとより距離が近づきやすいです。遅い時間に相手と自分だけ、という環境が2人の心を動かすのでしょう。

仕事の相談に乗ってもらう

業務内容や人間関係の悩みを他人に打ち明けると、相手を信頼するようになり、好意を持つ可能性も出てきます。相談相手になることでお互いの内面を深く知れるので、デートや食事も誘いやすくなります。

他の人に言っていない内容など「ここだけの話」というのも特別感が増し、2人の距離を近づけるでしょう。相談の際に親身に相談にのったり、のられたりすることで普段見られない一面をみることもできます。

社内旅行で仲良くなる

社内旅行だと、普段とは違った環境で交流を深めていくので、羽目を外して一線を超えてしまうケースもあります。

プライベートな一面を見られる社員旅行は、男女の距離感が近づく絶好の機会です。社内では仕事のみをする関係で、普段も仕事をしている姿しか見ない異性も多いでしょう。社内旅行ではじめて異性として意識したり、「いいな」と思う一面を見つけたりすることもあるはずです。

同じチームで仕事をする

同じチームで仕事をしていると接点が多くなり、相手を知る機会も増えます。同じチームにいるので、周囲に関係性を怪しまれずに不倫関係が発展しやすいといえるでしょう。2人で食事に行っても仕事のことについて会話していると思われますし、本人同士も出かけやすいかもしれません。

社内不倫にはまりやすい女性の特徴3つ

続いて、職場不倫にはまりやすい女性の特徴を3つご紹介します。

同じ社内で彼氏ができても、相手が既婚者となると話は別です。職場不倫は誰かに相談しにくい内容ですが、中には相手を諦めきれず不倫を選ぶ人もいます。どのようなタイプの女性が職場不倫にはまりやすいのか確認しておきましょう。

1.仕事をがんばりすぎる女性

仕事をがんばりすぎる女性は、職場不倫にはまりやすい傾向があります。プライベートでは落ち着いていても、男性に対しての対抗心が強く、人一倍努力をして仕事に取り組みます。

このようなタイプの女性は自分にとても厳しい人が多く、他人の失敗も同じように許せません。そのため、職場では周りから距離を置かれがち。仕事とプライベートとのバランスが取れず、仕事一筋で彼氏がいない状態を当たり前だと思っていることも……。

そのような状況で年上の男性や仕事ができる上司から優しくされると、気持ちが緩んで恋に落ちてしまいます。公私ともにリードしてくれる姿に、相手が既婚者であっても運命を感じてしうのです。そして不倫の世界に足を踏み入れてしまうのです。

2.承認欲求の強い女性

「人に褒めてもらいたい」「自分を認めてほしい」という承認欲求が強い女性も、不倫にはまりやすいタイプです。このタイプは自分に自信がなく、自分を責めたり罪悪感を持ったりしやすい傾向にあります。

女性としての自己評価が低いので、男性に少しでも「かわいい」などと言われたら、気持ちが一気に舞い上がってしまい恋に落ちてしまうことも。仕事でミスをすると必要以上に自分を責める傾向にもあるため、ミスをカバーして話を聞いてくれる優しい男性に胸がときめいてしまいます。

自分の存在を丸ごと認めてくれる救世主のように感じてしまい、不倫にのめりこんでいく可能性もあるので注意しましょう。男性側も、自分を頼ってくれる女性を守りたいと思う気持ちが傾くと、気づいたときには不倫から抜け出せなくなるので注意が必要です。

3.依存体質の女性

依存体質の女性は、寂しがり屋のため一人でいることを嫌う傾向があります。孤独を感じたくない気持ちが人一倍強いので、心の隙間を埋める何かを探している人は要注意です。

このタイプの女性は、不倫を遊び感覚で楽しんでいる男性に惹かれてしまうことも少なくありません。彼にとって女性との付き合いは、あくまでも「遊び」。甘い言葉をささやいたり、ロマンチックな状況を作ったり、男としての自尊心を満たしているだけです。

依存心が強い女性は自分のすべてを相手に捧げるので、相手への束縛も強くなっていきます。束縛を嫌う男性は次第に女性との距離を置くようになるものの、不倫による刺激を得るために、付き合ったり別れたりの関係を繰り返すようになるのです。

社内不倫の見破られ方7つ

続いて、社内不倫がどのようなシチュエーションで周りにバレてしまうのか、よくある7つの例をご紹介します。

1.不倫相手と2人でいるところを目撃される

社内不倫が周りにバレる最も多い事例は、不倫相手と2人で一緒にいるところを目撃されるケースです。周りからの目撃証言が多いほど、噂話の信憑性も高くなります。不倫の事実がバレると大変なので、目立った行動はできるだけ控えましょう。

「ありえない組み合わせの2人が一緒にドライブをしているのを目撃!女性の車に既婚者の男性が乗っていて、なにやら怪しげな雰囲気で話していました。」(33歳 / 男性)

「ちょっといいレストランで、上司と女性の先輩が食事しているのを見かけてしまいました。いつも厳しい先輩が女の顔になっていて、あの2人がつきあっている噂は本当なんだって思いました。」(27歳・女性)

上記は不倫現場を目撃した実例コメントです。社外ならまだしも、社内でいちゃいちゃしている場面を見られることも……。

「非常階段でいちゃいちゃしている姿を見てしまい、びっくりしました。本当に迷惑。よそでやってくれって感じです。」(35歳・男性)

「ほかの人が集中して働いている午前中に、会社のトイレの前の水道場で見つめ合っていました。朝から何をしているの?と呆れました。」(31歳・女性)

2.有給や希望休の取り方が同じ

不倫相手と一緒に過ごす時間を増やすために、有給や希望休を同じ日に申請すると、2人の関係を疑われる可能性があります。

「有給を出す日が、毎回ほぼ同じ。バレバレだってこと本人たちは気づいてないのかな。」(38歳・男性)

「この前2人が外で一緒にいるところを見てしまいました。うちはシフト制なので休みの曜日は固定ではありません。怪しいと思い2人のシフトを比べてみると、休みのタイミングがほとんど同じでした。希望休を出して、休みのタイミングを合わせていたんですね。」(女性・40歳)

3.帰宅時間を合わせる

退勤時間を合わせると、2人で帰宅している姿を目撃されるケースが多々あります。

この場合、男性は家族に「残業で遅くなる」と伝えながら、実際は不倫相手の彼女と会っているといったパターンです。「帰り道が同じだから」と偶然を装って一緒に帰っているつもりでも、回数が多くなると周りから怪しまれてしまいます。

「就業時間が終わる頃になると、変に焦って仕事を終わらせようとしていたり、逆にダラダラ残ろうとしていたりするので、おかしいなと思っていました。そのうち不倫相手が社内にいる噂が広まって、帰宅時間を合わせていることがわかりました。」(32歳・男性)

「オフィスにいるときから目配せをして、堂々と一緒に帰っています。どういう神経してるのかなって信じられないです。」(23歳・女性)

4.距離感がおかしい

2人の関係をお互いの接し方や距離感で怪しまれるケースもあります。スキンシップの回数が多かったり、不自然な態度を取っていたりすると、周囲にその雰囲気が伝わってしまうこともあるようです。

「この前まで仲良く話してたのに、最近はまったく話さなくなった。報告があるときも他の人にわざわざ頼んで伝えてもらっています。職場では怪しまれないように近づかないようにしようって決めているのかもしれないけど、逆に不自然。」(42歳・男性)

「スキンシップが2人の間だけ多すぎる。触り慣れているのかもしれないけど、仕事中は目ざわりです。」(47歳・男性)

「仕事中は普通なのに、飲み会になると急接近して親しげに話している。女性は色気を出していて、男性社員も結婚しているのにデレデレ状態。見るからに怪しかったです。あの飲み会でみんなにバレたと思います。」(34歳・女性)

5.アイコンタクト

社内不倫のカップルは、アイコンタクトの回数が多い傾向があります。周囲にバレないように意識しても、目が合う瞬間は他人によく見られています。そのため、必要以上のアイコンタクトは本人たちが思う以上にバレる可能性が高いのです。

「パソコン越しにアイコンタクトを取っている姿を何度か目撃した。」(25歳・女性)

「職場不倫している女性の隣りに座っているけれど、アイコンタクトを取った後は顔がにやけてる。」(31歳・男性)

「席を立って移動するとき、上司はいつも彼女と目を合わせている。」(26歳・女性)

6.嫉妬される

不倫相手の男性が他の女性と仲良くしているところを見て、女性が嫉妬してしまい、思わぬ誤解を生んでしまうことがあります。彼への視線が鋭くなったり、機嫌が悪くなったりして、社内にいる彼への監視の目が鋭くなってしまいます。周囲や自分たちの関係に影響が及ぶことも。

「上司と仕事について話していたら、同僚がすごい剣幕で近づいてきて何をそんなに楽しそうに話していたの?って聞かれました。最初は意味がわからなかったけど、詮索されているって気づいたときは腹が立ちました。仕事のことなのに知らないよって感じです。」(33歳・女性)

「新人の後輩、お目当ての彼が誰かと話している姿をいつも見つめています。その相手が女性だと嫉妬心むき出し……。その後、不機嫌になって態度が悪くなるのでやめてほしい。」(37歳・女性)

7.社内メールが開きっぱなし

不倫相手と社内パソコンのメールやチャットでやり取りをして、メール画面を開きっぱなしにすると、誰かに中身を見られてしまい、不倫関係がバレる可能性もあります。

「ふと同期の女性社員のパソコンを見たら、待ち合わせ場所が書かれたメッセージが開きっぱなしで残っていました。これにはびっくりして目を疑いました。」(34歳・男性)

「共有のノートパソコンでチャットを開いたら、前に使った人のアカウントが残っていました。ログアウトしようとしたら、ラブラブな内容が書かれたメッセージが……。相手は社内の人間だったので、二重でびっくりしました。」(44歳・女性)

社内不倫がバレたら・・・?

社内不倫は、職場を通じて共通の知り合いが大勢いるため、周囲にバレる危険性が通常の不倫と比べて高いです。不倫をしている間は気持ちが盛り上がり、後先を考えていないかもしれません。

しかし、独身時代の単なる浮気と比べて、バレた際には多くの人を巻き込んだりお金が関わったりするほど大きな事態となってしまう可能性が高いです。

ここでは、不倫がバレたときのリスクについてご紹介します。「私達なら絶対バレない」と思っていても、日々の生活で何が起こるかわかりません。十分にリスクを理解したうえで今後の行動を考えるようにしましょう。

会社からの信頼を失う

社内に不倫の事実が知られ、業務に悪影響を及ぼしていると判断された場合、会社からの信頼を失ってしまいます。男性が要職に就いている場合、女性だけが辞めさせられるケースもあります。一方が会社に残る形になっても、周りからの信頼は失われ、気まずい関係になってしまうでしょう。

転職をするにあたっても、前職の退職理由を聞かれたときに何と答えればいいか分らないのではないでしょうか。「一身上の都合のより」と言っても、長い期間自分の心の中にしこりが残ることはわきまえておかなければなりません。

離婚問題に発展する

不倫関係が相手の配偶者に知られると、離婚や慰謝料の請求に発展する可能性があります。社内不倫は慰謝料請求の正当な理由に該当するので、相場以上の金額になる可能も有り得ます。

「離婚するつもりはなかったけど、浮気をしてしまった」という言い訳や「既に夫婦関係が破綻していたから」という意見は、それ相応の事実が認められなければなりません。当人同士だけがそう思って軽い気持ちで不倫をしていると、大きな離婚問題に繋がることは覚えておきましょう。

別れるリスクが大きい

不倫をしている人のほとんどは、悩みを打ち明けられず一人で抱えてしまったり、精神的なストレスを感じたりしています。周囲には「不倫をしている人」といったイメージが定着する恐れがあり、自分の将来に大きな悪影響を及ぼしてしまうでしょう。最終的に不倫相手と別れてしまうリスクも大きくなります。

バレずに社内不倫する方法

リスクの高い社内不倫ですが、事前に細かいルールを作ることで周囲にバレるリスクを比較的抑えられます。ここでは、バレずに社内不倫をする方法をご紹介します。

誰にも言わない

不倫がバレるリスクを抑えるには、不倫の事実を誰にも言わないことが何よりも大事です。不倫に限らず、恋愛話は誰かに聞いてもらいたくなります。社内不倫をバレないようにするには、会社の同僚はもちろん、長い付き合いの友人にも一切言わないことが重要です。

同じ日に休みを取らない

不倫相手と会う時間を増やしたい場合、同じ日の休暇申請をできるだけ避けましょう。2人揃っての休日が多いと、職場の人に怪しまれます。同じ日に休みを取る場合は、旅行やお泊りデートなど、年に数回程度にしておきましょう。

職場での態度を変えない

職場ではお互いの態度を変えないないことも大切です。不自然に馴れ馴れしくしたり、そっけない言動を取ったりすると、周囲の人間に2人の関係を余計に怪しまれてしまいます。不倫の事実を除けば会社の同僚に変わりないので、自然体を意識して接しましょう。

職場不倫は、バレるリスクが高いです

ここまで、社内不倫をする女性の特徴やバレたときのリスクについてご紹介しました。先ほどご紹介したように、社内不倫はバレるリスクが高いです。
不倫がバレてしまうと失うものもかなり多いので、細心の注意を払いながら関係を築いたり不倫関係を解消したりするなど、今後の人生を考えて冷静な判断をしましょう。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます