結婚に対して誠実に考えているからこそためらう男性心理をご紹介

結婚をためらう男性心理

電話占い10分無料がなんと7回まで相談無料!!

人によって結婚をためらう理由や心理は違う

結婚はどんな人にとっても人生の一大イベントです。
これまで続けてきた生活が大きく変わるため、女性であっても男性であってもそこに変わりはないでしょう。
しかし、現実は男性と女性では結婚に対する考えが大きく違っています。
 
女性の場合は結婚に夢を見ていることも多いためかポジティブに捉えることがほとんどですが、男性の場合はネガティブな想像のほうが先に立ってしまうことも多々あります。
また、女性は子供を産める年齢に制限がありますから、男性よりも結婚について真剣に考えなければいけない時期が早いことも、両者の考えにズレが生じる大きな原因の一つとなってしまうでしょう。
 
男性が結婚をためらってしまう理由は、人によって様々です。
結婚というものに対して誠実に考えているからこそためらってしまう人、反対にあまり真剣に考えたくないからためらっているフリをして誤魔化しているような人もいます。
 
ここでは、基本的に結婚に対して真面目に考えているからこそためらってしまう男性心理をいくつか挙げていきましょう。

 

「まだ自由でいたい」からためらう男性心理

「結婚したら自由になる時間が減ってしまうだろう」と考えている男性は多いようです。
結婚すると生活のために縛られる時間が増えてしまいます。趣味に多くの時間を費やしている男性であれば、特にそう考えるでしょう。
結婚してからでも趣味を続けることはできますが、自分の好きなときに好きなようにやりたくても事情が許さないだろうと思っているようです。
 
時間だけでなくお金の問題もあるでしょう。独身であれば稼いだお金は自分で好きなように使えますが、結婚すると多くの男性はお小遣い制になってしまいます。
金銭的に制限をかけられることに嫌悪感を持つ男性は多いようです。
 
また、妻といえども元は他人ですから、一人で気楽に過ごしてきたときとは事情が変わってしまうことで躊躇してしまうことも。
結婚することによって親せき縁者が増えることで、気を遣う場面も増えてくるでしょう。
独りで気楽な暮らしが長ければ長いほど、そういった気持ちになりやすくなります。

 

「プレッシャーがある」からためらう男性心理

結婚するということは、社会的な責任が増えるということ。彼女のことは好きだけど、先のことを考えると簡単にプロポーズできない…と考えている男性も多いようです。
女性のように結婚を恋愛の延長線上で考える男性は少なく、二人で生活していくための一種の契約のようなものだと考えるからでしょう。
 
最近では共働きの家庭も多いのですが、やはり「責任」というプレッシャーが重く圧し掛かってくるのは女性よりも男性のほう。
これから長きに渡って家族を養っていけるのだろうか…そう考えて結婚に二の足を踏む男性はたくさんいます。
不安定な世の中でもありますから、先のことが見えなかったり、突然仕事を失ってしまう可能性を考えると、軽々しく結婚したいと言えないのは当然のことなのかもしれません。
 
また、自分の子供を持つということに対しても大きなプレッシャーを感じる人がいます。
金銭的なことよりも、親になる自信がないという問題を抱えている場合もあるでしょう。

 

「仕事に集中したい」からためらう男性心理

仕事に集中したいから結婚をためらう男性
男性にとって結婚を考えるような時期は、同時に仕事の本当の面白さを理解するような年齢でもあります。
人によってはそれなりの地位や権力を与えられていることも多いでしょう。
 
男性は意外と不器用な生き物です。一つのことに集中する力には長けていますが、その力を上手に分散することができない人が多くを占めています。
仕事に没頭したくても、家庭の煩わしい問題を持ち込まれるとその集中力が持続できなくなってしまうことも。
とにかく仕事に全力投球したい!と考えている男性は、ここで結婚に踏み切ることをためらってしまいます。
 
また、仕事の日は仕事に没頭して休みの日にはゆっくり過ごしたいと思っても、家庭があると子供の面倒をみたり、雑多な用事をこなさなければならなかったりで、貴重な休日があっという間に終わってしまうこともあるでしょう。
 
なかには休日も接待などで外出しなければならなくて、家族に対して肩身の狭い思いをすることになる場合もあります。
円満な家庭を築くためには出世してお金を稼ぐ必要がありますが、仕事が原因で揉めごとが起こりやすいのもまた悩ましいところでしょう。

 

「彼女に対して不安がある」からためらう男性心理

恋愛している分にはいい子だし一緒にいて楽しいけれど、いざ結婚となると迷ってしまう…というふうに思っている男性は意外にたくさん存在します。
恋愛は非日常と割り切れても、結婚は日常だと思っているからこその考えかたですね。
彼女の日ごろのお金遣いの荒さを見ていると、自分の給料ではとてもじゃないけれど養っていけそうにないと思っていることもあります。
 
よく似たケースでは、彼女の料理や家事のスキルに不安を覚えている場合もあるでしょう。
特に実家暮らしのままでいる彼女の場合、母親になんでも任せっきりということも少なくはありません。
結婚してから家事も料理もできないようでは、家庭を安心して任せることができないという現実的な意見もあります。
 
また、恋愛では価値観の差もよい刺激に感じられたりするでしょうが、根本的な価値観が大きく違う彼女と毎日顔を突き合わせて生活することは不可能だと考えている場合も。
よく「結婚と恋愛は別物」という意見は、こういった考えからくるものだということがわかりますね。

 

女性からの結婚したいアピールは有効?

女性のほうから逆プロポーズするというのは、なかなかに勇気がいる行為です。
だからこそ、なんとなく察して欲しくてあれこれと結婚したいアピールをするのですが、果たしてこの「結婚したいアピール」は本当に有効なのでしょうか?
 
稀にものすごく女性心理に敏感な男性もいますが、大抵の男性は女性が思っているよりもカンが鈍かったりします。
薄すぎる結婚したいアピールでは、普段のなにげない会話の一環として流されてしまうでしょう。
かといって、子供好きを執拗に強調したり、結婚情報誌を彼の目につくところに置いておいたりなどの露骨過ぎるアピールは男性を引かせてしまうことにもなりかねません。
 
さらに、結婚したいアピールをするほど自分に惚れている…と思うと、途端に彼女に対する興味が薄れてしまうような男性もいます。
ある程度の「結婚したい」という意思表示は必要ですが、やり過ぎると一気にお相手の気持ちを萎えさせてしまうという諸刃の剣でもあるようです。

 

結婚を意識するきっかけは?

男性が結婚を意識するきっかけは?
男性側の事情による結婚を意識するきっかけは、大きく分けて3つあります。
 

仕事関係や友人の変化

転勤が決まって遠距離恋愛になりそうなとき、ある程度気持ちが固まっていればそれがプロポーズの後押しとなります。
同じ仕事関連では、昇給や昇進などの今後の生活に対して自信がもてるようになるイベントが起こることで、結婚に踏み切る勇気が得られることもあるようです。
また、プライベートで長年つるんでいた友だちが結婚することで、初めて自分の結婚問題に対して真剣に考え始める人も。

彼女自身の変化

彼女が関係することが結婚を意識するきっかけとなることもあります。
子供が欲しい男性であれば、彼女の年齢がある程度になると結婚を意識し始めるでしょう。
子供関連では、彼女の妊娠によって初めて結婚を考えたというケースもあるようです。

彼女が精神的な支え

彼女の精神的な支えが結婚を意識し出すきっかけとなったという場合もあります。
落ち込んでいるときに心の支えになってくれたことで、この先一生傍に居て欲しいと考えるようになったのでしょうね。

 

まとめ

男性が結婚をためらう理由は、その人個人によって大きく差があります。
しかし、基本的には男性のほうがよりシビアに結婚というものを捉えていると言えるでしょう。
結婚を決意させるには、男性の結婚に対する不安を取りのぞいてあげる必要がありますね。
 
一方で、結婚したいアピールは、男性が結婚を意識し始めたタイミングを見計らってさり気なく行うことで成功確率がアップしそうです。
人生の大切な節目をお二人で迎えられるにはどうすればいいかを、この機会に一度じっくり考えてみてくださいね。

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です