富士山・江ノ島・伊豆半島を一望! 神奈川県の絶景パワースポット「森戸神社」は冬に行くべき

こんにちは、旅行ライターのReiです。都心からも電車で1時間ほどとアクセスがよく、可愛いお店や綺麗なビーチでよく知られている神奈川県・葉山町。みなさんはそんな葉山町にあるパワースポット「森戸神社」をご存知ですか?

特に冬に訪れるのがおすすめという森戸神社。なぜ冬がベストなのかその理由を探るべく参拝してきました!

森戸神社の境内と参拝者に人気の御塩

「森戸神社(森戸大明神)」は葉山の総鎮守で、祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)と事代主命(ことしろぬしのみこと)。伊豆に流されていた頃から三島明神(現在の三島大社)を深く信仰していた源頼朝が、1180年に鎌倉に近い葉山に三島明神の分霊を祀りました。重要文化財や伝説を持つ裏山の杉など見所も多い神社です。

森戸神社では子宝の神様や、家畜(ペット)の守護神として信仰を集めている神様など、さまざまな神様が信仰されています。

「森戸の清め塩」は参拝者に人気。この日も私の前に参拝に訪れていた女性が二ついただいていました!

「森戸の清め塩」は、森戸大明神にお供えした神聖な御塩で盛り塩をしたり、神棚へお供えしたり、またお風呂に入れたりと、さまざまな方法で心身のお清めができるそうです。

早速私も自宅用と持ち運び用を授かりました。使うことで気持ちが引き締まりそうです。また、キティちゃんの可愛いお守りや、富士山と湘南の絵が入った御朱印帳もとっても素敵でした。

みそぎ橋という赤い橋を渡るとたどり着くのは、夏の海水浴シーズンにとても賑わう森戸海岸。波もなく穏やかでマリンスポーツをしている人の姿も見られます。

森戸神社に行くなら「冬」がいい理由

さて、なぜ森戸神社は冬に行くのがおすすめなのでしょうか?

その理由は納得のいくものでした。海沿いに建つ森戸神社ならではの冬の景色をご覧ください!

森戸神社の裏からは冬の澄んだ空気で富士山がくっきりと拝むことができます。伊豆半島から富士山、江ノ島、湘南の街並みが一望でき、ほぼ180度のパノラマビュー! 関東の中でもこの全てを一度に見渡せる場所は少ないのではないでしょうか? 春夏は空が霞んでしまうことが多く、富士山を見られるチャンスが一番多いのが冬なんだとか。

左手に見える「柴崎海岸」は葉山町の天然記念物に指定されています。海藻や生物が多く生息しているため、昭和天皇が海洋生物の研究をされたとても貴重な場所なのだそう。

そしてさらに素晴らしいのが「かながわの景勝50選」に選ばれた「森戸の夕照」。言葉では表せないほどの美しさです。波の音を聞きながら、富士山と太陽が織りなす自然の美しさに心が洗われ、大自然のパワーを全身で感じるおすすめの場所です。あなたも富士山と夕照を見ることができるかも。

森戸神社へのアクセス方法は?

森戸神社へのアクセス方法ですが、電車を利用する場合は、JR「逗子駅」で下車。京浜急行バス(東口3番バス停)「逗12:葉山一色行き(海岸回り)」で約15分。「森戸神社」バス停下車徒歩1分です。

また、京浜急行電鉄「新逗子駅」の場合は、「新逗子駅」南口2番バス停より「逗12:葉山一色行き(海岸回り)」で10分ほどになります。

車で行くこともできますが、近隣の道路は狭いのでご注意を。横浜横須賀道路の逗子ICより逗葉新道経由で行くことができます。参拝客用の駐車場が隣にあるため安心ですね。(季節により駐車できる時間が異なります)

今回は神奈川県のパワースポット「森戸神社」をご紹介しました。清々しい雰囲気の森戸神社、また冬ならではの絶景に出会いに行ってみてはいかがでしょうか?

森戸神社(森戸大明神)

〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
最寄駅:JR横須賀線「逗子駅」、京浜急行電鉄「新逗子駅」よりバス約10~15分
TEL:046-875-2681
HP:http://www.moritojinja.jp
受付時間:午前9時~午後4時(年中無休)
マップ:https://goo.gl/maps/fD97vZMR2fF2

 

Rei:プロフィール

デザイン関係の仕事、そして旅好きが高じて旅行ライターをしています。これまで留学・旅した国は数知れず。ローカルや旅人と打ち解けることが得意。素晴らしい人々との出会いや光景に恵まれてきました。好きな地域は魅惑のフレンチポリネシアの島々。南の島でザトウクジラと一緒に泳ぐことにはまっています。旅で出会う場所や人の魅力を伝えるべく奮闘してます!

Instagram : https://www.instagram.com/maitai_tahiti/