京都が誇る美のパワースポット「河合神社」で美麗祈願! 世界文化遺産の森で紅葉も満喫

「本格的な冬に入る前にパワーチャージがしたい!」
「美しくなりたい!」
「紅葉の時期だし、思う存分紅葉も嗜みたい!」

そんな思いでこの記事にたどり着いたみなさま、こんにちは。大学で4年間京都の文化について研究していた、「京都についてならお任せあれ!」のフリーライターricacoです!

今回は「紅葉を思う存分に嗜むことが出来て、美のご利益を得ることの出来る」女性にぴったりな京都のパワースポット「河合神社」をご紹介いたします。

美のパワースポットで有名な「河合神社」で鏡絵馬を奉納しよう

京都大学や豆餅の「出町ふたば」で有名な出町柳駅から徒歩約10分の場所にある河合神社。「下鴨さん」との愛称で親しまれている世界文化遺産の下鴨神社境内に、河合神社は摂社として祀られています。

境内に入ると「女性守護 日本第一美麗の神」と赤字で書かれている看板が真っ先に目に入ります。

看板の赤い矢印にしたがって進むと、立派な門構えで歴史を感じさせる河合神社が!ここは私の大学時代の通学路だったため、何回も訪れているのですが、国籍問わず、いつも多くの女性で賑わっていました。

河合神社といえば、手鏡の形をした「鏡絵馬」(800円)! インスタのハッシュタグで「#鏡絵馬」 と検索すると、女性と鏡絵馬が一緒に写っている写真がたくさん出て来ます。

好きな鏡絵馬を選び(もともと描かれている顔の形は変わりませんが、顔を自分で描くことの出来る無地タイプもあります※写真左下)、社務所で購入しましょう。

支払いは電子マネーもクレジットカードも対応されていました。さすが国内だけでなく国外からもたくさんの参拝者が訪れる有名神社。

手鏡サイズの鏡絵馬。表面のお顔には自身の顔に見立ててお化粧を施し、裏面には願い事を書いて奉納します。

鏡絵馬専用の御化粧室でメイクアップしていきましょう♪

手持ちの化粧品や、置いてある色鉛筆を使って“すっぴんの鏡絵馬”から“自分の顔に見立てたオリジナル鏡絵馬”にしていきます。自分だけの絵馬が出来上がっていくこの過程は、塗り絵のようで結構楽しいもの。絵馬にお化粧を施していく時間は、女友達と来てもカップルで来ても盛り上がるのではないでしょうか。お願い事を書くだけの一般的な絵馬と違い、個性が出ますしね。

お化粧を施すことに集中しすぎて、鏡絵馬の裏面にお願いごとを書くこともお忘れなく。(私はまさにお化粧を施すことに集中しすぎてしまい、裏面にお願いごとを書くことを忘れてしまいました……)

鏡絵馬へのお化粧が済んだら、いざ奉納です。

奉納場所には様々なお顔が並んでいて、1つ1つのお顔の特徴を観察するのも楽しいですよ。

好きな場所に願いを託して奉納しましょう。みなさんそれぞれの願いが叶い、表面も内面ももっと美しくなれたらいいですね。

なぜこの河合神社が美麗祈願・女性守護の神社なのか?

河合神社は御祭神として玉依姫命(タマノヨリヒメ)が祀られています。玉依姫命は4人の子供をお産みになられており、4人の子供のうちの1人が初代天皇の神武天皇ということから女性守護(安産など)のご利益があるとのこと。そして、玉依姫命は玉のように美しいことから、美のご利益があるとされているそうです。

ちなみに、日本三大随筆の『方丈記』を書いた鴨長明は河合神社の神職の家系に生まれています。

紅葉の時期は特に訪れるのにぴったりのシーズン。黄色く色づいたイチョウの葉っぱがチラチラと落ちる風景が綺麗です。

秋の味覚カリンで出来た美人水を飲んで体の内から美人に♪

河合神社境内の休憩所では「美人水」(400円)が販売されています。

この「美人水」は下鴨神社のカリンの庭にて、秋の時期にたくさん収穫されるカリンと御神水から作られた飲み物。のど飴などで定番のカリンですが、βカロテンやビタミンCが豊富なため美容効果が高いそうです。

またカリンの香りにはリラックス効果があるそうで、飲んだあとはとっても落ち着いた気分になれます。カリンは旬の秋でもなかなか普通のスーパーで売っているところは見かけないので、ここで飲んでみる価値ありです。紅葉の時期ならではの美人水を飲んで、体の内から美人になりましょう♪

世界文化遺産の森を歩きながら紅葉を嗜もう

河合神社から下鴨神社まで続く世界文化遺産の糺(ただす)の森。縄文時代からの歴史がある3万6千坪の広さの森で、静寂に包まれた神秘的なこの森は歩いているだけでパワーがもらえそうです。

また、糺の森は京都市内の紅葉スポットの中でも高揚するのが遅い方で、見頃は11月下旬から12月中旬頃までです。他の多くの紅葉スポットが見頃の時期に行くと、全く葉が色付いていなく、がっかりすることになるのでお気をつけて。

森の中には4つの小川が流れており、木々と川からマイナスイオンを感じます。小川のせせらぎと、木々が揺れる自然の音に身も心も癒されます。

写真を撮影した時はまだ夏だったので木々が青々としていますが、紅葉の時期は色付いた葉っぱが地面に落ちて紅葉の絨毯になり、小川に落ち葉が流れるという美しい風景が広がります。

道が木々で覆われているので地面に映る木漏れ日も綺麗。四方八方どこを見ても自然の美しさにパワーがもらえること間違いなしです。

■ 河合神社・糺の森(下鴨神社境内)

〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59
TEL:075-781-0010
開閉門時間:6:30~17:00(祭事、季節により変動あり。詳細はHPをチェック)
定休日:なし
交通アクセス:
京阪電車・叡山電車「出町柳駅」下車、徒歩約10分
京都市バス「下鴨神社前」下車、徒歩約5分
<公式HP>
https://www.shimogamo-jinja.or.jp/
https://tadasunomori.or.jp/
<マップ>
https://goo.gl/maps/PLMCVxvRCYgbsaDR8

 

ricaco:プロフィール

カルチャーショックが好物で日本とインドを行き来しているフリーライター。
日本でもインドでも常にカルチャーショックを探し求めながら生息している。
和服が好きで、インド布ですこぶる可愛い和服を作ったりもしています。

ブログ https://culture-shock.net/

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます