0学

0学とは

0学

0学とは、御射山宇彦によって1940年に形而上学と形而下学を統合する学問として研究され、それが活用されて0学占いという一つの占いとして認知されるようになりました。

人間は「0星」に運命が定められており、0星を構成する六つの六王星(水王星、木王星、月王星、火王星、金王星、土王星)、
そしてそれぞれに属する支配星(水王星には水星(陽)と氷王星(陰)、木王星には木星(陽)と海王星(陰)、月王星には月星(陽)と魚王星(陰)、火王星には火星(陽)と冥王星(陰)、金王星には金星(陽)と小王星(陰)、土王星には土星(陽)と天王星(陰))が存在します。
陽が能動的であり、陰が受動的とされます。

0学占いは、生年月日を12の支配星に振り分けてその人を占います。

この占い方法は上記の四柱推命西洋占星術に酷似していますが、実際にこの占いは四柱推命や、西洋占星術を基にして作られたために「運命学の集大成」と呼称されます。
しかし、12年を1周期とし、四季に分ける占術は0学がオリジナルとされています。