西洋占星術

西洋占星術とは

西洋占星術

西洋占星術とは、古くから西洋で行われてきた占星術の機構であり、「ホロスコープ」という、星を利用して人の運勢を導き出す占いのことです。
12星座の占いもよく聞くと思います。

では、一体ホロスコープとはどういう占いなのでしょうか?

ホロスコープは、「時の見張り人」という意味を持ち、その特定された瞬間の太陽や月、惑星などの地球からの距離や位置を把握し、天体図からその運勢を十二星座ごとに占います。
よくある、朝のテレビ番組で「〜座のラッキーアイテムは…」などの占いは、ほとんどがホロスコープです。

また、個人のホロスコープは生まれた時につくられ、そこからその個人の運命や性格、どうすれば幸せへの道を切り開けるか、などの占いが行われます。
昔の人々は、「あの星が光っているから〜〜しよう」といったように、星で自らの行動を決めていたことがあったため、それが今も占いとして引き継がれているのです。