願えば願うほど叶うパワースポット伊奈波神社! 黒龍大神の御利益&お守りとは?

こんにちは!パワースポットが大好きなライターの東野颯太と彼女のあかねです。今回、岐阜県岐阜市にある最強のパワースポットと言われる「伊奈波神社」をカップルで訪れてみましたので、その魅力をご紹介します。

「伊奈波神社」は、境内に祀られている黒龍大神が有名で、夢や目標が叶うよう多くの参拝者が訪れる場所。「願えば願うほど叶う」と言われ、地元の人からも愛されている最強のパワースポットなんだそう。

その壮大さ、神秘さ、パワーみなぎる様子を体感いただきたく、まずは「伊奈波神社」の魅力を凝縮した1分動画をご覧ください!

1900年以上の歴史がある伊奈波神社の歴史とは!?

伊奈波神社に祀られている神様は、「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」。あの古事記、日本書紀にも記載されています。その歴史は1900年以上と大変長く、有名な戦国武将「斎藤道三(さいとうどうさん)」が稲葉山城を築城するにあたり、1539年に現在の稲葉山のふもとの位置に遷座しました。斎藤道三も、戦の前に参拝に訪れていたそうです。

昔この地は、水害が多く伊奈波神社は水を防ぐ信仰の神社でもありました。他にも家内安全、商売繁盛、初宮詣、七五三詣、安産、交通安全、土建、水利の御利益があると言われています。中でも境内にある「黒龍社・龍頭岩」は伊奈波神社より歴史が長く、願いを叶えるパワースポットとして人々から愛されています。

参道を進んで二つ目の鳥居をくぐると、神橋の先に楼門が見えます。ここから見る景色は今でも鮮明に覚えているほど神秘的で、豊かな自然に囲まれた境内は綺麗な空気が漂い何度も深呼吸がしたくなります。

鮮やかな朱色「楓稲荷」と神社全体のパワーが集まる「神滝」

こちらは京都にある伏見稲荷と同じ御祭神「宇迦之御魂神」(うかのみたまのかみ)が祀られている楓稲荷(かえでいなり)。鮮やかな朱色の鳥居をくぐると伊奈波神社のパワーが集中する「神滝」が奥に見え、離れた場所からでもその迫力に圧倒されます。

本殿から楓稲荷まで巡る神滝のご神水は、神社全体のパワーを吸収しており、この日は、神社の木々から漏れた光が神滝に集中し、より神秘的な輝きを放っていました。

遂に現る黒龍大神!?

大きな楼門をくぐって右手に出てくるのが、黒龍大神の大きな文字。伊奈波神社に来る多くの参拝者が、黒龍大神に祈願したいと足を運んでいますので、訪れたならぜひ参拝しましょう。取材時は運良く、参拝者が少なかったため、黒龍大神の気配を背後に、そして神社全体の雰囲気を一身に感じながら瞑想をさせていただきました(周りの参拝者の迷惑にならないよう注意しましょう)。神聖な空気の中で行う瞑想は清らかな気持ちにさせてくれます。

黒龍大神は、伊奈波神社がこの場所に遷座する前から、稲葉山の守護神として祀られていました。願えば願うほど願いを叶える神社として親しまれ、摂社の黒龍社は岐阜県の強力なパワースポットとして全国各地から大勢の方が参拝に訪れるほどの人気ぶりです。

その他にも、黒龍大神の御神光で厄災を免れ、病気が回復されたという霊験により、信仰を集めています。参道には御礼絵馬がかかっており、黒龍大神への祈願後に願いが叶ったと書いてある絵馬が数多くみられました。

黒龍社の隣には、「龍頭岩」があります。パワースポットとしてこちらも有名なので、黒龍社参拝後忘れずに祈願をしましょう。

「伊奈波神社」にはパワースポットがまだ隠されていた!

伊奈波神社神門の階段前には、大きな看板が立てられています。「伊奈波神社は日本全国にあるパワースポットの一つとして紹介されています」ここまではっきり言われてしまうと、誰しもがここはパワースポットだと信じてしまいます。そしてその隣には「何かにくじけそうになったとき、力になってくれる」という一文。伊奈波神社の神様は、人々の側にいてくれる本当に心優しい神様なのでしょうね。

階段を登ると神門があり、ここから拝殿に向かって参拝をします。たくさんのパワーをいただけたことに感謝し、これから困難があっても伊奈波神社の神様が側にいてくれますようにとお参りさせていただきました。そして、参拝が終わって振り返ってみると……

神門に続く階段を上がった両端に「逆さ狛犬」を発見しました。こちらの「逆さ狛犬」は伊奈波神社の隠れパワースポットとして人気があるそう。逆さ狛犬は、雲を蹴り上げる様を表していることから飛躍できるご利益があるとされています。飛躍できるようにと願って、後ろ足をスリスリさせていただきました。

伊奈波神社の御守りは人気で売切れ御免

参拝後帰る途中で見えてくる社務所では、豊富な御守りが揃っており、御朱印もこちらで授与することができます。週末になると、人気の御守りを求めて参拝に来る方も少なくないそうです。

中でも人気がありすぎて売り切れになるという御守りが「黒龍福成る守」。祈願を籠めながらカチカチと打ち鳴らすことにより黒龍大神の御神威が増して、運気が上がり願いが叶いやすくなるそう。1つ1,500円で購入可能ですが、売り切れになっていることが多いので、問い合わせてから参拝に行くことをおすすめします。

どんな時も黒龍大神を身に付けていたい方におすすめしたいのが、「黒龍玉守」です。上記で紹介した「黒龍福成る守」と同じく人気がある「黒龍玉守」は、「身に付けて頂くことで黒龍大神の御神光を以て、災難を免れ健やかに守ってもらえます」という文言が木箱の中に添えてあります。こちらは、1つ3,000円で購入可能ですが、同じく売り切れになることが多いので、問い合わせてからの参拝をおすすめします。

御朱印は、伊奈波神社と黒龍神社双方の御朱印を授与することができます。黒龍神社の御朱印は、龍の印が特徴的でカッコいいですね。

今回私たちは、祈願絵馬に2人の夢を書いてきました。これからも健康に幸せに過ごせる日々が続きますように、と願いを込めて。

パワースポットを満喫すれば誰もがハッピーに!

境内にある神秘的なパワースポットを幾つも巡ってみると、参拝前と比べ心身共に生まれ変わったかのような感覚になりました。参拝中に彼女と、「パワー感じられた?」「うん!感じたよ!」といった会話を交わすなど、自然とお互い笑顔が増え、二人の絆もグッと深まったように思います。

伊奈波神社の神々は温かく参拝者を迎え入れてくれる雰囲気に包まれているので、カップルでの参拝だけでなく、家族やお友達同士、またお一人での参拝にもオススメ。近くに住んでいたら毎日通いたいレベルです!

記事を読んでくださった方々が1人でも多く伊奈波神社へ参拝に行きたいと思っていただけると幸いです。

伊奈波神社

住所:〒500-8043 岐阜県岐阜市伊奈波通り1丁目1
TEL:058-262-5151
受付時間:午前9時~午後4時まで
http://www.inabasan.com
<最寄り駅>
・JR線「岐阜駅」にて岐阜バス(11・12・13番乗り場)で約10分乗車し「伊奈波通り」で下車。徒歩約5分。
・名鉄線「岐阜駅」にて岐阜バス(4番乗り場)で約10分乗車し「伊奈波通り」で下車。徒歩約5分。

Google Map
https://www.google.com/maps/place/伊奈波神社/@35.427255,136.770613,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xd2403f00bfd447cd!8m2!3d35.4272554!4d136.7706133?hl=ja-JP

 

東野颯太(ひがしの そうた):プロフィール

名古屋在住の学生兼フリーランスのライター。外国語大学でグローバルビジネス専攻。インドで2ヶ月のインターンシップと旅の経験を経て以来、カレーは右手で食べている。趣味は瞑想・読書・動画制作・彼女を幸せにすることなど。

Instagram:@s__o_u_t__a

新規登録(無料)はこちらから!
7人まで初回10分無料で相談できます!

※一部対象外の占い師がいます